Stargazer for Windows by Delphi ver.12EX のアップデート


このページの留意事項 アップデートはページ下から上へと順に行ってください。一番上が最新のアップデートです。


12.020h 2011年06月26日 
  1.インストール先等の確認・用意。
     Stargazer for Windows by Delphi ver.12.02gを12.02hにアップデートできます。(バージョン表示は12.02のままです)
  2.訂正ファイルのダウンロード。
       sgwd12EX02h.exe 22045Byte をダウンロードします。(2011/06/26)
       ダウンロード先をSGWDのプログラムフォルダ(例C:\Program Files\sgwd2006\)にすると後の作業が楽になります。

     保存や実行する際に管理権限が必要な場合があります。また、64ビットOSの場合、エディションにより自動選択しない場合もありますので、その場合は明示的に32ビットモードを選択してください。
      注、WindowsVista以降ではユーザーアカウントコントロール(UAC)によってプログラムフォルダへのダウンロードが出来ない場合があります。この場合は、ダウンロードできる自分のフォルダ等に行い、その後で「コンピューター」から開いて、該当フォルダへと移動させます。この時にVistaやセブンは管理権限等や実行ファイルの確認をします。許可して続行してください。
  3.Stargazerのプログラムを使用していたら全て終了させます。
  4.sgwd12EX02h.exeをSGWDのプログラムフォルダで実行します。

     sgwd12EX02h.exeを実行させる場合に、Windowsのエディションにより、以前のWindowsの互換モードが必要な場合があります。
     この場合は、実行する前に右クリックによるメニューでプロパティを選択、パネルの中の「互換性」タブで、
     互換モードでこのプログラムを実行するにチェックを入れWindows95を選択します。
     これで、正常に訂正が行われます。

 訂正後ファイル
    charts.exe  379904Byte 2011-06-26 07:00:00
 訂正内容 
  印刷時に右側が切れていた。


12.020g 2011年05月23日 
  1.インストール先等の確認・用意。
     Stargazer for Windows by Delphi ver.12.02fを12.02gにアップデートできます。(バージョン表示は12.02のままです)
  2.訂正ファイルのダウンロード。
       sgwd12EX02g.exe 22045Byte をダウンロードします。(2011/05/23)
       ダウンロード先をSGWDのプログラムフォルダ(例C:\Program Files\sgwd2006\)にすると後の作業が楽になります。

     保存や実行する際に管理権限が必要な場合があります。また、64ビットOSの場合、エディションにより自動選択しない場合もありますので、その場合は明示的に32ビットモードを選択してください。
      注、WindowsVista以降ではユーザーアカウントコントロール(UAC)によってプログラムフォルダへのダウンロードが出来ない場合があります。この場合は、ダウンロードできる自分のフォルダ等に行い、その後で「コンピューター」から開いて、該当フォルダへと移動させます。この時にVistaやセブンは管理権限等や実行ファイルの確認をします。許可して続行してください。
  3.Stargazerのプログラムを使用していたら全て終了させます。
  4.sgwd12EX02g.exeをSGWDのプログラムフォルダで実行します。

     sgwd12EX02g.exeを実行させる場合に、Windowsのエディションにより、以前のWindowsの互換モードが必要な場合があります。
     この場合は、実行する前に右クリックによるメニューでプロパティを選択、パネルの中の「互換性」タブで、
     互換モードでこのプログラムを実行するにチェックを入れWindows95を選択します。
     これで、正常に訂正が行われます。

 訂正後ファイル

    nataldatafileout.exe 35328Byte 2011-05-23 00:00:00

 訂正内容 
  「出生データファイル化」の座相出力で太陽が出力されていませんでした。20110522の学習会で発覚したものの訂正です。


12.020f 2011年05月03日 
  1.インストール先等の確認・用意。
     Stargazer for Windows by Delphi ver.12.02eを12.02fにアップデートできます。(バージョン表示は12.02のままです)
  2.訂正ファイルのダウンロード。
       sgwd12EX02f.exe 682245Byte をダウンロードします。(2011/05/03)
       ダウンロード先をSGWDのプログラムフォルダ(例C:\Program Files\sgwd2006\)にすると後の作業が楽になります。

     保存や実行する際に管理権限が必要な場合があります。また、64ビットOSの場合、エディションにより自動選択しない場合もありますので、その場合は明示的に32ビットモードを選択してください。
      注、WindowsVista以降ではユーザーアカウントコントロール(UAC)によってプログラムフォルダへのダウンロードが出来ない場合があります。この場合は、ダウンロードできる自分のフォルダ等に行い、その後で「コンピューター」から開いて、該当フォルダへと移動させます。この時にVistaやセブンは管理権限等や実行ファイルの確認をします。許可して続行してください。
  3.Stargazerのプログラムを使用していたら全て終了させます。
  4.sgwd12EX02f.exeをSGWDのプログラムフォルダで実行します。

     sgwd12EX02f.exeを実行させる場合に、Windowsのエディションにより、以前のWindowsの互換モードが必要な場合があります。
     この場合は、実行する前に右クリックによるメニューでプロパティを選択、パネルの中の「互換性」タブで、
     互換モードでこのプログラムを実行するにチェックを入れWindows95を選択します。
     これで、正常に訂正が行われます。

 訂正後ファイル

    charts.exe  379904Byte 2011-05-03 00:00:00
    horo3t.exe  617472Byte 2011-05-03 00:00:00
    horo5npt.exe 595968Byte 2011-05-03 00:00:00
    horonpt.exe 592384Byte 2011-05-03 00:00:00

 訂正内容 
  それぞれの天文暦の数値が四捨五入されていたためにホロスコープの数値と0.01違う場合があった。


12.020e 2011年03月01日 
  1.インストール先等の確認・用意。
     Stargazer for Windows by Delphi ver.12.02c及びdを12.02eにアップデートできます。(バージョン表示は12.02のままです)
  2.訂正ファイルのダウンロード。
       sgwd12EX02e.exe 78684Byte をダウンロードします。(2011/03/01)
       ダウンロード先をSGWDのプログラムフォルダ(例C:\Program Files\sgwd2006\)にすると後の作業が楽になります。

     保存や実行する際に管理権限が必要な場合があります。また、64ビットOSの場合、エディションにより自動選択しない場合もありますので、その場合は明示的に32ビットモードを選択してください。
      注、WindowsVista以降ではユーザーアカウントコントロール(UAC)によってプログラムフォルダへのダウンロードが出来ない場合があります。この場合は、ダウンロードできる自分のフォルダ等に行い、その後で「コンピューター」から開いて、該当フォルダへと移動させます。この時にVistaやセブンは管理権限等や実行ファイルの確認をします。許可して続行してください。
  3.Stargazerのプログラムを使用していたら全て終了させます。
  4.sgwd12EX02e.exeをSGWDのプログラムフォルダで実行します。

     sgwd12EX02e.exeを実行させる場合に、Windowsのエディションにより、以前のWindowsの互換モードが必要な場合があります。
     この場合は、実行する前に右クリックによるメニューでプロパティを選択、パネルの中の「互換性」タブで、
     互換モードでこのプログラムを実行するにチェックを入れWindows95を選択します。
     これで、正常に訂正が行われます。

 訂正後ファイル
    timeasp2.exe         144896Byte 2011-03-01 00:00:00

 訂正内容 
  時期表2において、留を計算させる場合に期待値1/400で留が表示されない場合がありました。
  留の日時がソートされずに出力されていました。これを修正します。


12.020d 2011年02月27日 12.020eに統合
  1.インストール先等の確認・用意。
     Stargazer for Windows by Delphi ver.12.02cを12.02dにアップデートできます。(バージョン表示は12.02のままです)
  2.訂正ファイルのダウンロード。
       sgwd12EX02d.exe 49192Byte をダウンロードします。(2011/02/27)
       ダウンロード先をSGWDのプログラムフォルダ(例C:\Program Files\sgwd2006\)にすると後の作業が楽になります。

     保存や実行する際に管理権限が必要な場合があります。また、64ビットOSの場合、エディションにより自動選択しない場合もありますので、その場合は明示的に32ビットモードを選択してください。
      注、WindowsVista以降ではユーザーアカウントコントロール(UAC)によってプログラムフォルダへのダウンロードが出来ない場合があります。この場合は、ダウンロードできる自分のフォルダ等に行い、その後で「コンピューター」から開いて、該当フォルダへと移動させます。この時にVistaやセブンは管理権限等や実行ファイルの確認をします。許可して続行してください。
  3.Stargazerのプログラムを使用していたら全て終了させます。
  4.sgwd12EX02d.exeをSGWDのプログラムフォルダで実行します。

     sgwd12EX02d.exeを実行させる場合に、Windowsのエディションにより、以前のWindowsの互換モードが必要な場合があります。
     この場合は、実行する前に右クリックによるメニューでプロパティを選択、パネルの中の「互換性」タブで、
     互換モードでこのプログラムを実行するにチェックを入れWindows95を選択します。
     これで、正常に訂正が行われます。

 訂正後ファイル
    timeasp2.exe         144896Byte 2011-02-27 00:00:00

 訂正内容 
  時期表2において、留を計算させる場合に期待値1/400で留が表示されない場合がありました。これを修正します。


12.020c 2011年02月18日 
  1.インストール先等の確認・用意。
     Stargazer for Windows by Delphi ver.12.02bを12.02cにアップデートできます。(バージョン表示は12.02のままです)
  2.訂正ファイルのダウンロード。
       sgwd12EX02c.exe 301451Byte をダウンロードします。(2011/02/18)
       ダウンロード先をSGWDのプログラムフォルダ(例C:\Program Files\sgwd2006\)にすると後の作業が楽になります。

     保存や実行する際に管理権限が必要な場合があります。また、64ビットOSの場合、エディションにより自動選択しない場合もありますので、その場合は明示的に32ビットモードを選択してください。
      注、WindowsVista以降ではユーザーアカウントコントロール(UAC)によってプログラムフォルダへのダウンロードが出来ない場合があります。この場合は、ダウンロードできる自分のフォルダ等に行い、その後で「コンピューター」から開いて、該当フォルダへと移動させます。この時にVistaやセブンは管理権限等や実行ファイルの確認をします。許可して続行してください。
  3.Stargazerのプログラムを使用していたら全て終了させます。
  4.sgwd12EX02c.exeをSGWDのプログラムフォルダで実行します。

     sgwd12EX02c.exeを実行させる場合に、Windowsのエディションにより、以前のWindowsの互換モードが必要な場合があります。
     この場合は、実行する前に右クリックによるメニューでプロパティを選択、パネルの中の「互換性」タブで、
     互換モードでこのプログラムを実行するにチェックを入れWindows95を選択します。
     これで、正常に訂正が行われます。

     
horo3t.exe 617472Byte 2011-02-18 00:00:00

 訂正内容 
 1 ホロスコープ3重円タブにおいて、タブ情報を保存する場合に拡張子部分(.h3)を入力しないで保存すると、ファイル名はそのまま記録されてしまい、読み出そうとする時に見えないということになりました。この為、拡張子部分が空欄の場合にタブ情報を示す.h3を自動的に追加するように変更しました。

 2 使用地方時(JST、UT等)を変えた場合、保存されたタブ・データを読み込むと、それに対応した変更が行われずに、変更した地方時でのデータとして扱ってしまっていました。この点を修正するには、作成されたタブ・データファイルを書き直す必要があります。プログラム修正後に一度読み込んでから書き出せば、地方時も含まれたデータとなります。地方時を切り替えない場合は、何の問題も無く以前のタブ・データファイルを使う事が出来ますが、一度記録しなおしておくことをお勧めします。


12.020b 2011年01月22日 (2011年01月23日記載追加)
  1.インストール先等の確認・用意。
     Stargazer for Windows by Delphi ver.12.02aを12.02bにアップデートできます。(バージョン表示は12.02のままです)
  2.訂正ファイルのダウンロード。
       sgwd12EX02b.exe 683556Byte をダウンロードします。(2011/01/23)
       ダウンロード先をSGWDのプログラムフォルダ(例C:\Program Files\sgwd2006\)にすると後の作業が楽になります。

     保存や実行する際に管理権限が必要な場合があります。また、64ビットOSの場合、エディションにより自動選択しない場合もありますので、その場合は明示的に32ビットモードを選択してください。
      注、WindowsVista以降ではユーザーアカウントコントロール(UAC)によってプログラムフォルダへのダウンロードが出来ない場合があります。この場合は、ダウンロードできる自分のフォルダ等に行い、その後で「コンピューター」から開いて、該当フォルダへと移動させます。この時にVistaやセブンは管理権限等や実行ファイルの確認をします。許可して続行してください。
  3.Stargazerのプログラムを使用していたら全て終了させます。
  4.sgwd12EX02b.exeをSGWDのプログラムフォルダで実行します。

     sgwd12EX02b.exeを実行させる場合に、Windowsのエディションにより、以前のWindowsの互換モードが必要な場合があります。
     この場合は、実行する前に右クリックによるメニューでプロパティを選択、パネルの中の「互換性」タブで、
     互換モードでこのプログラムを実行するにチェックを入れWindows95を選択します。
     これで、正常に追加が行われます。
     また、レクチファイ時期表を入れていない場合は追加されません。

 追加機能 
  ホロスコープ3重円タブが追加されます。ホロスコープ3重円のチャート面でタブが使えるようになり、各チャートの保存再生及び起動時表示が容易になりました。SGWDメニューをいじっている場合は、メニューに追加されませんので手動でメニュー追加をしてください。ファイル名はhoro3t.exeです。

   追加ファイル

     horo3t.exe     615424byte  2010-01-21 00:00:00
     sys\langu\horo3t.eng 22443byte  2010-11-21 12:00:00
     sys\langu\sgwd.eng  4055byte  2010-11-21 12:00:00
     sys\langu\horo3t.jpn 22029byte  2010-11-21 12:00:00
     sys\langu\sgwd.jpn  4109byte  2010-11-21 12:00:00


注 追加後、3重円タブのメニューで空欄が出る場合(2011/01/23 08:36:00前の上記ダウンロードで症状が出ます)は以下のファイルをダウンロードし、上記sgwd12EX02b.exeと同じように実行してください。sgwd12EX02b.exeの再ダウンロードでもできる場合がありますが訂正がエラー停止する可能性があります。
       sgwd12EX02b2.exe 21313Byte をダウンロードします。(2011/01/23)

注2 EX版用ですので、通常版に対して使用しても機能は追加されません。

*************************************************************************************************
ホロスコープ3重円タブ

通常の3重円をタブ形式で使用できるようにしました。

環境設定ファイルは保存する時に作成しますので
最初に「設定」−「設定」をしてください。
環境を3重円と同じにしたい場合は、3重円の設定horonpt*.*を
他のところへコピーし、horo3t*.*に変更して
システムファイルフォルダに戻すと、そのまま使えます。

追加機能
タブの追加と削除
 マウス
  タブの+をクリックすると直前に選択していたタブのデータを使ってタブを追加します。
  タブのラインで右クリックメニューにてタブの追加と削除
 メニュー
  ファイルメニューからタブの追加と削除が追加されています。

タブの位置入れ替え
 マウスにてドラッグ&ドロップで変更出来ます。

タブ情報の保存、読出
 メニューにて選択後、ファイルダイアログにより、出力データ・フォルダの指定形式のファイルの読み書きで可能(拡張子.h3)

起動時のチャート
 メニューにて登録、削除、読出が出来ます。システムデータフォルダのstartup.h3を使用します。

その他
 ・基本設定は「設定」メニューの下にあります。
 ・出生円、経過円メニューに日付時刻入力を追加。日付はカレンダー形式。
   経過入力については、全てのタブの経過をセットする機能あり。
*************************************************************************************************


12.020a 2010年10月05日 
  1.インストール先等の確認・用意。
     Stargazer for Windows by Delphi ver.12.02を12.02aにアップデートできます。(バージョン表示は12.02のままです)
  2.訂正ファイルのダウンロード。
       sgwd12020a.exe 34873Byte をダウンロードします。(2010/10/05)
       ダウンロード先をSGWDのプログラムフォルダ(例C:\Program Files\sgwd2006\)にすると後の作業が楽になります。

     保存や実行する際に管理権限が必要な場合があります。また、64ビットOSの場合、エディションにより自動選択しない場合もありますので、その場合は明示的に32ビットモードを選択してください。
      注、WindowsVista以降ではユーザーアカウントコントロール(UAC)によってプログラムフォルダへのダウンロードが出来ない場合があります。この場合は、ダウンロードできる自分のフォルダ等に行い、その後で「コンピューター」から開いて、該当フォルダへと移動させます。この時にVistaやセブンは管理権限等や実行ファイルの確認をします。許可して続行してください。
  3.Stargazerのプログラムを使用していたら全て終了させます。
  4.sgwd12020a.exeをSGWDのプログラムフォルダで実行します。

     sgwd12020a.exeを実行させる場合に、Windowsのエディションにより、以前のWindowsの互換モードが必要な場合があります。
     この場合は、実行する前に右クリックによるメニューでプロパティを選択、パネルの中の「互換性」タブで、
     互換モードでこのプログラムを実行するにチェックを入れWindows95を選択します。
     これで、正常に訂正が行われます。

 変更点 
  宿曜のカレンダー表示で出生データを読み込むと全て虚宿になった。

   訂正後ファイル
    syuku.exe         64512Byte 2010-10-05 00:00:00