過去ログ[2010 No.56-99]
 ★★ 56ケロル君お風呂事件
Date: 2010-01-02 (Sat)
 ケロル枢機卿は御教祖様の御寵愛深く、しばしば脱出しようとする姿を広報部に発見されております。その行動にお悩みになられた御教祖様は、かなり汚れた枢機卿の姿にお気付きになられ、風呂をお命じになりました。
  ケロル枢機卿にとっては2回目の風呂でございますので、勝手が分かっております。風呂の最初は天国でございます。ゆっくりとお湯に浸かって汚れを落としま す。しかし、やはり高速回転式脱水機より出てきた時は目を回しておりました。その後すかさず暖炉の前に鎮座して乾燥でございます。丁度、吹き上がる乾燥し た熱風の中に居ますので、たちまち乾いてきます。総務省からは、前回の時の方が汚れていたという内容の報告書が御教祖様へ提出されております。
 さて、蘇ったケロル枢機卿ですが、ご褒美にアイスクリームが出るものと思っている様子でございます。これも御教祖様に報告されておりますので、本官は秘書省前にて座り込みを敢行するつもりであります。では、これにて本日の会見を終了致します。
                  広報庁担当官カエル
 ★★ 57入国審査会場コンサート事件他
Date: 2010-01-10 (Sun)
 入国審査会場では、入国希望者の国内身元引受人が全般の責任を持って受け入れたいとのことから、引受人がステージでコンサート を開きました。本官はよく判らないのでございますがタンゴだとかラテン或いはボサノバと言うような言葉が飛び交っておりました。希望者もそれに合わせて踊 りを披露し、国民一同に大変受けておりました。ことによると、これから流行りになることもあるかも知れません。他の希望者が霞んだという指摘もありました が、御教祖様におかれましてはお楽しみいただけたようでございます。このイベントに付きましては、好評であったという国民調査の結果から、音楽的才能があ りながら入国の際に披露出来ないでいた者達が、コンサートを計画しているという報告もあります。
 ところで、隣邦では不況の中、地デジテレビが売 れているとのことでございます。我が国では既に放送が開始されておりますが、御教祖様におかれましては。教団財政は国民の喜捨で成り立っているとのお考え から、無駄な物を省き、余計な出費は控えるようにとの御指示が出ております。その為、教団本部ではアナログからの更新は中座しております。総省と財務省で は財政削減の為の方法を真剣に協議しております。その方法を隣邦では真似て仕分けと称しておりますが、本家本元の我が国では御教祖様の御裁断によって遅滞 なく執行されております。また、各省の情報局の精鋭達が集めた分析データが総省に集約され御教祖様に上奏されております。この中で、総省秘書局の映像情報 機器に付きましては近々の作業予定が発表される見込みであるとのニューズを広報部として発表することが許可されております。
 また、秘書局長の情 報処理機器についても更新の可能性についての検討が始まっているとの情報もございます。これは御教祖様の機器に比べて機能が低いことについて秘書局から不 満が出ていたと言う噂がございます。もしこれが本当のことでありましたら、とんでもない罰当たりなことで御座いますので、各省情報局が調査に動いていると いう話も聞こえてきております。我が国では御教祖様が何が何でも一番なのでございますから、噂の根源に付きましては徹底調査でございます。こちらについて も正式の発表をお待ち戴くことになっております。
 さて、秘書省の奥からせんべいの割れる音がしております。匂いもしてきております。本官は駆けつけますので、以上で本日の発表を終了とします。こっらぁぁぁ。ワシの前を走るなぁぁぁぁ。
                  広報庁担当官カエル
 ★★ 58団体入信事件
Date: 2010-01-26 (Tue)
 本日は御教祖様におかれましては、誠に麗しく、久しぶりに隣邦への御勧誘におもむかれました。途中のとあるところで、2つの場 所のどちらかを御訪問になるかを、珍しくお迷いになった御教祖様は、随行の者どもに御下問なさりました。御帰国までの御時間が限られていたのでございま す。随行の者どもの影に隠れて、小さな声で片方の場所をこっそりと囁くものがございます。誰であるかを詮索なさることなく、御教祖様は御決断なさり、その ものの申すところへと向かいましてございます。
 さて、その場所では双子が6組おりまして、御教祖様の御来臨を待っていたのでございます。一組は プラスチック製でございますが電子レンジでも大丈夫でございます。他のものは名のある瀬戸物でございまして、なかなか趣のある美しい外観をしております。 また、入信希望の者の内で、国内の希望地を申し上げるものがしばしばおりますが、この者達は御台所を希望しており、入国審査はいつもの場所ではなく、希望 地で行うことととなりました。
 審査は厳格を極めたのでございますが、結局双子達はすべて関門を突破し、めでたく希望地へと配置されました。今回 は特に慎重に審議された為に証拠写真が全員ではなく、双子の片割れがそれぞれ選ばれて記録されております。何もかも特別な待遇が与えられておりまして、御 教祖様の入信を祝うお気持ちが現れているのでございます。また、御教祖様にこっそり囁いたものについては、御詮議されておりませんが、入信希望者達の魂魄 が固まって言葉となったのだと申すものがおります。
 ところで、本官は本日もアイスクリームが出ると言う噂について、根拠があるものと信じております。では、これにて発表を終わります。

                  広報庁担当官カエル
 ★★ 59映像装置の刷新
Date: 2010-02-13 (Sat)
 国民の間では長らく懸案であった為に、既に忘れてしまった者が出るほどの映像装置の刷新について、突然の発表が夕刻に教祖様秘 書庁及び総本殿庁より合同で行われました。これに先立ち、総省では極秘に特使を隣国に派遣して、必要な機材の運送に当たらせたとの事でございます。
  さて、運び込まれた装置は、総本殿庁及び秘書庁にそれぞれ運び込まれました。これらについて堪能な者が手早く組み立て、接続されたのでございます。なお、 不要になった機器については、本来、御教祖様のお手になったものでございますから、総本殿庁にて保存されるものでございますが、環境汚染につながる恐れと なりますので、御教祖様のご意向にて、隣国に引き取らせ、専門の者に処理させることになっております。
 噂に寄りますと、刷新された装置は何でも 32インチと申すものだそうで、どうも総本殿庁と教祖様秘書庁に運び込まれたものは同じ大きさながら違うものであり、秘書庁のものの方がより性能が高いと 言う事でございます。また、別の噂によると逆に総本殿庁のものの方がより特化した性能を持っているという事でございます。何れにしましても、双方の部署に は32インチの映像装置と共に24インチの情報装置が組み込まれ、それぞれに最高の性能を有していることは間違いございません。
 公式発表でございますが、更に今後、受像装置の付属装置に改良が加えられるという計画があるが、こちらの方は現状で問題を出していないことから、見送りになる可能性もあるとのことでございます。

  ところで、秘書庁では今回の新機器導入を内々に祝い、御教祖様はチヨコレイトとか申す物を御試食にあらせられました。どうしてこのようなものが御前に出さ れたかについては秘密であるとされておりますが、どうも隣国の異教のしきたりとかである為に、表だって申し上げる者が居なかったと言うことでございます。
  さて、先ほど、秘書庁の奥でうどんの匂いが立ちこめたため、期待した者達がすし詰めとなる事態がありましたが、本官は出遅れた為に、何も当たりませんでし た。ふて寝しようと、人の気配が無くなった総省の前を通りますと、手招きをする、とおちゃんがいらっしゃいました。何事かと駆け寄ると、チヨコレイトを隠 し持っておられます。聞けば本当は明日がチヨコレイトを食べる日であるそうで、真面目に仕事をしております本官やチャリ・ホツ・クー大導師様達に配られて いるとのことでございます。ありがたくご相伴させていただきました。そこへ、広報を行えとの上司命令でございます。以上で、内輪ネタまでバラしました広報 を終わります。
                  広報庁担当官カエル
 ★★ 60ワニ族入国事件
Date: 2010-02-28 (Sun)
 近年、巷で騒がれる環境破壊や汚染の為でしょうか? 入国希望者がカエルだけでなくワニやウサギたちまで広がっています。御心 の広い御教祖様におかれましては入国を認めるように御下命されております。そこで、入国審査会場では入国の際の心得を徹底させる為に担当の物を特別に派遣 することとなりました。今回はワニ族であるとのことで、今や一大勢力となっているワニオ一族から担当代表が派遣され、審査と共に心得の訓辞が行われまし た。最近では審査会場の広さが足りないと指摘されておりまして、現在の審査会場は特別審査会場として残し、総本殿玄関に新設するとも噂が出ております。ま た、先ほどのウサギの件に付きましては、亡命という事情があるようで、公式の発表となっておりませんが、入国者があるとのことでございます。
 さ て、御教祖様におかれましては、国内のカエルたちのために常にお心をおかけになりまして、御自分のお楽しみについては、表にお出しにならないのでございま す。ところが、このほど、とおちゃんが通販と呼ばれる隣邦の誇る流通システムを通じて発注した書籍の1つに、御関心をお持ちになられたようでございます。 それを察知した秘書省では、該当の書籍を含む荷物の配送に圧力をかけて一刻も早く御教祖様の元へお届けするように手配をしました。ところがこの配送会社は ケロプッタ国の隆盛に異論を持っているのか、何かと不備な対応をいたします。とにかく御教祖様の御不況を買ったモノは消滅するのでございます。この場合 は、対応者で済むか、会社全体となるかは御教祖様のお気持ち一つでございましょう。閑話休題。
 この書籍でございますが、何でも天文台の広報室電 話番の話だと言うことでございまして、とおちゃんから御教祖様へ献上するのではないかと総本殿内では噂されております。しかし、我々広報部が正式ルートを 通じてとおちゃんへ問い合わせますと、総本殿は御教祖様の物であって、他の物があるものかとアッサリと返答がございました。と言う事で、今日も平和な1日 が過ぎております。これも御教祖様の御威光の限りでございます。
 ところで、本日は久しぶりにアイスクリームが振る舞われるという情報が食糧省食品管理庁管理部から出ております。本官はその情報を一番に受け取っており、一番に行使して、行列の最初におります。では本日の広報を終わります。
                  広報庁担当官カエル

 ★★ 61戒厳令
Date: 2010-03-15 (Mon)
 何のお祝いであったのかについては噂程度しか出てはおりませんが、とにかく、ルタオのケーキが突然振る舞われました。食糧庁の 高官に寄れば、いつもの如く、広報部が駆けつける前に無くなってしまった特別品があったらしいといわれております。何れにしても美味しいものを戴きました ので、文句はございません。
 ところで、このところの地震や津波、荒天の状況で国内にたびたび戒厳令が布かれております。占星庁・気象庁・地震 庁・安全保障委員会・防衛庁からも御教祖様に具申が行われておりますが、御教祖様御自身の御発令で戒厳令と共に財務省にもたびたび御下命がございます。下 々では色々な噂が飛び交っておりますが、一番まことしやかに伝えられておりますのは、何らかの大事件の前兆ではないかというものでございます。それ故か、 年度末を迎え、今年は何かと緊張感が漂っております。どの様な事件が想定されているかに付きましては、広報でも全力で調査をしておりますが、一向に明らか にならないのでございます。広報部では出稼ぎをしているとおちゃんが、何らかの関連を持っているとの分析をしておりますが、何の尻尾も捕まえておりませ ん。このような場合、突撃インタビューで事実が暴露されることが多いのでございますが、今回の広報部特攻では、アッサリとノーコメントと返されてしまって おります。
 さて、この事との関連は不明ですが、財政省と防衛庁から、トタン板製4つ足形高速移動装置の研究の予算承認が出ているとの報告が入っ ております。どの様なものなのか、何の目的で使われるのかは明らかにされておりませんが、何でもドアが付いておりまして、そのドアを閉めると如何にもトタ ン板という音がすると説明されております。ただし、計画の認可はまだ先のことであるという安全保障委員会高官のメッセージも出ておりますので、事によると 軍事用兵器であることも考えられます。こちらについても鋭意、更なる情報収集に努めております。
 本日のオヤツについては、先ほど湿気た顔をしたチャリ・ホツ・クー大導師様が、「本日はない」との談話を出しております。このような場合でも、こっそりと出ることがございますから、総本殿某所にての待機をするつもりです。ではまた。

                  広報庁担当官カエル
 ★★ 62真相
Date: 2010-04-01 (Thu)
 広報部の掴みました情報では、何でも出稼ぎ中のとおちゃんの仕事先が、業績不振であり、凶星もとい強制転配が行われて、別の場 所に行かなくてはならないという事があった様でございます。どの様な業績不振があったのかは明らかになっておりませんが、クライアントが増えたとか、収益 が上がったというような情報ばかりで、業績不振という話は出てきておりません。こちらも不思議な話でございますので、広報部としては更に情報収集に努める ことになっております。
 次に明らかになりましたことは、トタン板製4つ足形高速移動装置は、実は自動車の事であったのです。既に配置されている 車両があるのにもかかわらず、別のものが発注されたものと理解しております。ただし、何がどの様に発注されているかについては情報が錯綜しておりますが、 コード名だけは明らかになっております。フェラーリと呼ばれているこの物件については、過去の経験によれば、本当に自動車メーカーのフェラーリ製であると は考えられませんので、どの様なものであるかは全く判っておりません。何れにしましても保険をどうするかという点について御教祖様の決裁待ちであると国防 委員会より知らせが入っております。
 広報部で頭をひねった結果、とおちゃんが使う為に用意されるのではないかとの推測が大勢を占めております。 現行の車両につきましては御教祖様の御意向で御用意されたものでありますから、それをとおちゃんが使うようになるのは合点のゆくことではございません。し かし、御教祖様が更にお気に召したものがあれば、そうでもないだろうと申すものもおりました。
 さて、本日はアイスクリームが振る舞われるのでは ないかという観測が出ております。情報元はチャリ・ホツ・クー大導師でございまして、ケロルおやつ主任と共に既にスタンバイしております。チヨコレイトが トッピングされるとチャリ導師が口走ったとも囁かれておりますので、わたくしも末席に付きたいと思います。これで広報を終了致します。

                  広報庁担当官カエル
 ★★ 63四月バカ事件
Date: 2010-04-03 (Sat)
 情報によれば4月1日というのは嘘を付く日であるというのが世界中に広がった習慣であるとのことでございます。しかしながら我 が国にはそのような習慣がございません。噂ではございますが、とおちゃんが専用の裏サイトを作り、その中で何かを発表したと伝えられておりますが、我が国 では安全保障委員会による強力な国家統制フィルタリングが行われておりますので、一切の情報が入ってきておりません。委員会ではUS国ロサンゼルスに創業 されたフィルタリングソフト会社に随意契約を行っています。
 ところで、この日の嘘に引っかかった者を4月バカと呼ぶそうでございます。冗談に引っかかった可哀想な者は、真面目な律儀者であり、それを笑いものにすると言う事でございますので、我が国では定着しない習慣であると各大司教から意見が出されております。
 さて、広報部が調査しております転配とフェラーリの件でございますが、国内でこっそりと4月バカが行われていたことが次々と発覚し、情報が錯綜して大混乱となっております。この状況の中で安全保障委員会は非常事態宣言を出し、事態の収拾を計っております。
  国内ではそのような事件が続いておりますが、御教祖様におかれましては、全く御関知なさらずに、占星術研究所に籠もっておられます。次々と関係の書籍が搬 入され、とおちゃんが印刷されたチャートと呼ばれる紙を運び込んでいます。御研究に御没頭されている時に御尊顔を拝することは困難でございますから、御法 話を戴くのはしばらくお休みとなります。
 本日は湿気た表情のケロル猊下からおやつは無いと発表されておりますが、総省にはせんべいがございます。これについては秘密ではございません。この会見の後で本官も総省に足を運ぶ事にしております。
                  広報庁担当官カエル
 ★★ 64転配続報
Date: 2010-04-18 (Sun)
 御教祖様におかれましては日々ご健勝であらされます。カエルどもの入国は冬でございますので減っておりますが、決して無くなる訳ではございません。
  さて、転配とフェラーリの件に付きましては、遂にその全貌が明らかになりました。この件では、各方面から膨大な報告書が上がってきておりますが、その中で も安全保障委員会の調査部から上がった報告書については、図書館から苦情が出るほどの量になっております。それに寄りますと、とおちゃんの仕事先に変更が 出たことは間違いありません。それについては各種の外部の事情が絡んでいるとのことでございますので、公表できる部分については御教祖様のお考えを確かめ てからというような指示が総省から出ております。
 さて、この関係で隣国で出稼ぎをしている、とおちゃんの行く先がかなり遠くなったということで ございます。そこで、移動用に車両を用意する事になり、御教祖様が御自ら御探しになったのでございます。用意された車両は、とおちゃんに似合うと言う事で 赤色でございますから、コードネームがフェラーリとなったようでございます。赤いボディに下回りが銀のツートンカラーでございます。そこに黄色いナンバー プレートが付けられ、隣国を通過することができるようになっております。とおちゃんは大体、往復で百キロほど走行すると言う事でございますから、時間もか かるのでございます。しかし、朝出る時刻も晩帰る時刻も、あまり変わっていないと言う事でございますから、如何に隣国の公共交通機関が不便なものかを物 語っているのでございます。
 ところで、御教祖様は本日、赤いフリースを着たとおちゃんの運転でお出かけにならせられ、幾つかの店舗を見学になら れたとのでございます。帰りにはかなりの荷物が持ち込まれたという情報もあり、その中にはおやつがあるものと噂が広まっております。その上、本日の御夕食 に付きましては何か不規則な状態があって、お出かけの最中に御食事召されたものと思われます。蟹という御声を聞いた者や、エビ、はたまたタケノコという御 声があったというものもございます。ますますおやつの可能性が高くなっておりますので、とおちゃんの動向を自主的に監視する国民も出ております。本官もこ れから総省にて監視業務となっております。以上で広報を終わります。
                  広報庁担当官カエル
 ★★ 65入国審査会場から
Date: 2010-04-27 (Tue)
 本日は晴天でございまして、気温が上がり、国内の植物たちは次々と目を覚ましてきております。しかし、予想より気温は上がらず、この春はまだまだ本格的な春を迎える事が出来ません。
  さて、本日も教団本部では入国審査が行われておりますが、ワニ族の一党が徐々に勢力を持ち、ワニ族の街ができるほどの状況になっております。隣国では外国 人に選挙権を与えるかどうかと言うような阿呆な論議があるようでございますが、我が国では御教祖様が全てでございますから、何の問題もございません。先ほ ど入国審査会場で入国の宣誓を行ったハンドボールを投げるクロコダイル氏は特に御教祖様に望まれての入国でございます。御勧誘はかなりの長期になっていた と伝えられておりますが、何でも地が紫色であることやカエルでないことなどから辞退を繰り返しておりました。そこへ、とおちゃんがサッサとせんかいと気合 いを入れたところ、勧誘に応じての入国となりました。
 このような場合、おやつが振る舞われることがたびたびございます。そこで、事情通の者ども は、総省の近くに理屈を付けて出向いております。先ほどチャリ・ホツ・クー大僧正猊下が特別にお呼び出しとなられたと伝えられておりますので、程なく、お 呼ばれがあるものとの期待が高まっております。本官は既に部下に場所取りを厳命しておりますが心配でございます。これから状況の確認に参ります。これで広 報を終了致します。
                  広報庁担当官カエル
 ★★ 66ガーマ大司教うろに入る
Date: 2010-05-02 (Sun)
 隣国では連休と言う事でございまして、何でも高速道路という物が混雑しているとか。連休と申しましても御教祖様には何の関係も ございませんが、ふと思い立ちになられ、桜は未だでございますが雪融け水で溢れんばかりの滝をご鑑賞になられたいと思し召しまして、お出かけになられまし た。
 お考えの通り、滝は大変な水量でございまして、御満足なされました後、公園を御散策なされましたところ、随行のダライ・ガーマ・クー大司教 猊下がめざとく木のうろを見つけて、鎮座致しました。ガーマ猊下もこれで満足というお顔でございまして、ケロル大僧正やピックル枢機卿もお試しになりたい 御様子でありましたが、ガーマ猊下にご遠慮しまして、控えておりました。
 さて、本題でございますが、御教祖様は留守居の者どもの為にロールケーキを御振る舞いになられました。国を揚げての宴会がただ今行われております。それでは御役目を済ませて本官も参加させていただきたいと存じます。
                  広報庁担当官カエル
 ★★ 67ケロ丸天文台長満腹事件
Date: 2010-05-06 (Thu)
 隣国の連休という行事に合わせて、御教祖様は再び御出かけにあらされました。南の方向へ飛び出した岬を御覧になられるのが目的 でございます。この岬は、南北に400キロメートルほど連なる山脈が海に沈んでいくところにございまして、風が強いことで有名でございます。また、岬には 灯台しかなく、寂れた様子の集落があるのみでございましたことから何もないと歌われて有名になったという逆説的な場所でございます。今ではアザラシやラッ コが見られるために観望用の建物が用意されておりますので、御教祖様が御辛い思いをすることなく御鑑賞いただけます。さて、その際、記録撮影隊を引き連れ たとおちゃんは、アザラシの姿を肉眼で認めることができず、めくら打ちで映像を撮っていたと報告されております。ところが、広報庁には立派にアザラシが 写った写真が届けられておりますので、本当にめくら打ちかどうか議論が巻き起こっております。しかし、何と申しましても御教祖様の御威光が御座いますの で、その為に撮れたのだと衆議は一致しております。
 さて、そこから御宿泊所にまわったので御座います。御晩餐の折、少々不心得な見習いが不敬の段をはたらいたということで、斬首の刑となりかけたので御座いますが、御教祖様は御心御広くあらせられ、刑一等を御免謝され終身刑となされたことを御報告申し上げます。
  この時、御教祖様に減刑の嘆願をしたのがケロ丸天文台長で御座いました。何しろ、旨い物をたらふく食って、腹がふくれ、鷹揚な気持ちになっていたと想像さ れます。特に、とおちゃんの焼き物や混ぜご飯に入っていた具を全て持ち去ったと報告されております。報告者は報道の自由の為に極秘で御座います。一部の口 さがない者どもに寄れば、とおちゃんから奪った食料の旨いところを自分で食べてから御教祖様に御献上なさったという事で御座いますが、そのような真似をし ていたのであれば、今頃ケロ丸天文台長は草葉の陰となっているはずで御座います。
 さて、広報部では満腹で惚けた姿のケロ丸天文台長の姿を入手し ておりますので公開致します。ふくれた腹を隠すようにポンチョをまとっております。この後、御教祖様に天文台運営資金について直訴していた姿を目撃されて おりますが、どうも良い御返事はいただけなかったようでございます。その後チャリ・ホツ・クー大導師も団扇を忘れたと狂乱している姿をみかけられておりま す。まあ、いつものことで御座います。
 ところで、今日あたりはアイスクリームという噂が流れております。本官は教祖様秘書庁の前に部下達を配置しておりますが、これから先頭を取らないといけません。広報を終わります。
                  広報庁担当官カエル
 ★★ 68御外遊報告
Date: 2010-05-23 (Sun)
 御教祖様の御外遊が御終了し、随行幹部に連れられて新入会員が入国審査会場に集合いたしました。御教祖様の御外遊は保安上の理 由から極秘扱いでございましたが、御帰国なされましたので発表となりました。審査会場で緊張気味の面々でありましたが、居場所を確保していると聞かされて おり、少し安心したようでございます。
 さて、今回の御外遊は幾つかの目的がございましたが、その内の1つだけを除いて順調におこなしになられた ので御座います。残された1つと申しますのは、隣国の有名神族であります安倍晴明との会談が予定されておりましたが、度重なる事件が続き、お会いなる事が できなかったのでございます。このような事は希有なことでございます。御教祖様のお力を持ってすれば、あり得ない事でありますが、強引に世界の摂理を無視 して御予定を御消化なさるよりは、自然の流れに任せようという御意志でございまして、あらためて別の機会を作ろうということになりました。斯様に御教祖様 の為さり様は天地の理にしたがったものなのでございます。
 ところで、御外遊の折に御教祖様から、御立ち寄り先である御実家にパソコンが御必要で あるとの御考えを御示しになられました。そこで、総省を始めとして御教祖様の御使いになるパソコンを御用意する御計画を御策定することと相成りました。現 在幹部達が額を合わせて案を練っております。また、このパソコンは御教祖様の御妹様もお触りになられるという事でございます。
 本官はパソコンは さっぱりでございますので、広報をやっておりますが、このような時はアイスクリームが振る舞われることがよくございます。そこで、部下を食糧庁の冷凍庫に 配置しております。この広報が終わりましたら、駆けつける予定でおります。では、以上で本日の発表を終了致します。
                  広報庁担当官カエル
 ★★ 69気絶事件
Date: 2010-05-30 (Sun)
 先日、御教祖様の御外遊の折に御勧誘を受けて入国し本部詰めで働いておりました一人が、御教祖様の御寝所で気絶しているところ を救助されました。御教祖様は既に御起床後であらせられ御身に何も御座いませんでしたが、ケロル大僧正の緊急コールに対して医療省が真っ先に駆けつけ、そ の後、秘書庁、広報庁、総本殿庁、安全保障委員会、外務省、防衛庁の順に到着致しました。現在、秘書庁の管轄下で事件の調査が行われております。
  秘書庁からの連絡では、事件性はなく、御教祖様の御寝所勤務で緊張しすぎた結果、気絶したのではないかとのことで御座います。しかしながら、今回の事件で 防衛庁が最も遅く駆けつけたことが問題となっております。総省大臣室には国民からの非難の電話が殺到し、通常の業務ができないほどの混乱を起こしておりま す。この事について今夜、緊急の記者会見が行われ重大発表が行われることになっております。広報庁ではその内容が防衛庁の格下げで安全保障委員会下の防衛 局となることを掴んでおります。
 防衛庁の件は広報庁とは何の関わりも御座いませんし、国民の非難を浴びている事に同情の余地は御座いません。そ んなことよりも、広報庁が三番目に駆けつけたことについて御教祖様より特にお褒めの御言葉を戴き、おやつを頂戴する光栄に浴することになりました。医療省 につきましても報償の品が運び込まれております。
 これからおやつとなりますので広報はここまでといたします。こらー、わしの席は決まっておるのだぞー。
                  広報庁担当官カエル
 ★★ 70ガマグチ帽子事件
Date: 2010-06-05 (Sat)
 入国審査会場に現れることなく入国する者どもが多数おります。密入国という訳ではございません。審査する以前に入国が認められ ている者どもなのでございます。その一人が萬屋商店のガマグチでございます。ガマグチはおぜぜを入れる物でございますので、最近団扇を持ってないチャリ・ ホツ・クー大僧正が興味を持ち、お呼びになったところ頭に噛みついたのでございます。しかし、それでひるむ大僧正ではございません。修羅場をくぐっており ますし度胸もございます。たちまち帽子の替わりにしてしまいました。なかなか似合っているとの世間の評判でございます。広報部では証拠写真を手に入れて公 表しましたが、詳細を公開する手続きが滞りまして、本日の発表となりました。
 ところで御教祖様におかれましては、隣国の人形細工師に何か御発注なされたとの情報がございます。広報部では全力で取材をしておりますが、いつものようになかなか調査が進みません。これについては情報を掴み次第、会見を開くことになっております。
 さて、某スジからおやつの情報が入りましたので、部下にピケを張らしております。わたくしはこれから参りますが、ちゃんと部下にも当たるように手配する所存です。では、これにて。
                  広報庁担当官カエル
 ★★ 71白魔道士入国事件
Date: 2010-06-09 (Wed)
 最近では入国審査会場が入国祝い会場と化しているとの巷の評判でございますが、本日も一名の入国者を迎え歓迎パーティが催され ております。御教祖様の御下命により国の為に働く事を誓っての入国でございます。大変な力を持っているとのことでございますが、それだけではなく大変な美 男子でございまして、それだけで世を騒がすのではないかと、やっかみ半分のコメントを流すものもおるようでございます。今回の入国者には相棒がおるようで ございますが、色々な不手際が重なって、お二方での入国とはなりませんでした。この後、入国の予定ではございますが、別に幾つかの命がけの冒険を片付けな ければならないとのことで、危険な旅を続ける御友人の為に祈って欲しいとのコメントが出されております。
 さて、この件が御教祖様の御発注の件で ございまして、こちらは秘書庁から公式発表が行われました。しかし、何か別に1件の事案があるとのことでございまして、教団本部に納入する物品で甘い汁を 吸った者が居るとの噂が出ております。こちらについても、特別調査チームが編成され、国内外からの情報収集を既に開始いたしました。程なく結果の御報告が 出来るものと考えます。
 肝心なことでございますが、本日はおやつが無いとのことでございまして、確かに食料省にも総省にも何もございません。意気が下がる一方でございますので、これにて広報を終わります。
                  広報庁担当官カエル
 ★★ 72カロナン入国事件
Date: 2010-06-21 (Mon)
 昨日も遠方からの客人が到着し、永住を決めております。遠く米国より隣国経由でやって参りましたカロナンバックでございます。 フタに何とも言えない味のある亀君が2人、兄弟が、鎮座して平和な生活をしているようでございます。また、側面にもこの兄弟の末弟が居りまして周囲の警戒 に当たっております。この来訪につきまして、御教祖様も殊の外お喜びになりあそばされまして、教団での宴会をおこのう事と相成りました。職員が準備を進め る中、チャリ大僧正とお供のチャロ銃士がやって来て記念撮影をして帰りました。うろの大好きなガーマ大僧正は、現在の居場所から出て来ようとはしません。 よほど気に入った場所なのでしょう。
 ところで本日も、教団本部まで直送の荷物があり、税関の職員によって搬入されたのですが、何か荷物の内容に問題があったらしく、外務省の担当官が連絡を取っていたようでございます。
  とは言っても、概ね平和な教団本部でございます。しかし、教団占星術研究所付属天文台では、何か大事件が続いて起こっているとの報告が密かに囁かれており ます。以前、このような噂が出た時は、電撃的な新機材の搬入が行われたのでございますが、今回は、それはあり得ないとの情報通からの報告が入っておりま す。発注寸前の機材は、あったとの事でございますが、間違いなくキャンセルされたそうでございます。この件についても外務省職員が隣国の郵便事業会社へ書 状を伝達したとの目撃情報がございます。何かが進行していることは間違いございません。広報では全力で情報の収集を行いますので次報をお待ちください。
 さて、先ほどケロル大僧正が御教祖様にアイスクリームをねだったとの情報が流れました。我々もこうしては居られません。総省教祖様秘書庁へ駆けつけなければアイスクリームにあぶれることになります。本日の広報を終了しマース。
                  広報庁担当官カエル
 ★★ 73とおちゃんへそくりバレバレ事件
Date: 2010-07-01 (Thu)
 昨日のことでございますが、我が国第一の要求主任であり、実績も最大でありますチャリ・ホツ・クー枢機卿がいつものように御教 祖様へ要求を繰り返しておりました。それで御教祖様は今回特別にお約束になられた下賜金を御確認になり、お渡しする段で、枢機卿の座をあらためたところ、 過去の下賜金入れを御発見になられました。中には下賜金の残が入っております。
 幹部達が額を集めて考えてみますと、前回の下賜金を秘書省のとお ちゃんが使い切らずに貯めておいたものと想像されます。多分とおちゃんは忘れていたのではないかと申す者もおります。横にいたケロ丸天文台長は知らぬ存ぜ ぬと申しておりますが、もともと金銭感覚がないのは、とおちゃん譲りでございます。教団の枢機卿団の中でも最も財力のある天文台長でございますが、自分が どれほどの資産を有しているかは秘書に任せている為にさっぱりなのでございます。
 ともかく、予想外の発見でございまして、これを原資にオヤツが 振る舞われるとの噂が飛び交っております。しかし、広報部では食糧省を監視しておりまして、現在の余剰食は菓子パン1個であることを掴んでおります。これ でおやつと言う事はございません。ただし、アイスクリームについては先日搬入されていることが判っておりますので、こちらについては可能性がございます。 それっ、後れをとるな広報部っ。
 ★★ 74ケロル君受難事件
Date: 2010-07-05 (Mon)
 本日は朝は曇り、昼は晴天、午後は遠雷、そして雷雨という夏にありがちな天候でございました。それも夜になると天文台が稼働し ておりました。変わりやすい天候でございます。そのような中、朝の起き抜けの時でございます。寝坊カエルには朝ご飯があたらないのでございますが、その朝 御飯を抜いたことがほとんど無いケロル枢機卿が、朝げの場にいませんでした。早速、この異常状態に捜索隊が組織され国内を探索したのでございますが、一向 に居場所が分かりません。とおちゃんは腹が減ったら出て来ると冷たかったのでございますが、ガーマ枢機卿兼権大司教が、懸命に探した結果、御教祖様の御寝 所に隠れていたケロル枢機卿を発見致しました。
 うろに隠れたケロル君はなかなか出て来なかったのでございますが、ガーマの呼びかけと朝食の匂い に釣られてやっと出てきたのでございます。ガーマ枢機卿は、うろが大好きでございますので、ケロルの隠れていた、うろに入ろうとしたのでございますが、残 念ながらケロル君はそれほどの厚さを必要としない特異体質でございまして、入れませんでした。
 さて、ケロル枢機卿が何故にうろに隠れる事態となったかに付きましては、秘密のベールがかかっております。かなりの事態が想像されておりますので、ケロル君の回復と癒しを祈念して受難事件の報告といたします。それでは、サヨナラ、サヨナラ
 ★★ 75大ベランダ事件
Date: 2010-07-27 (Tue)
 教団本部の誇る長さ15メートル弱のベランダで事件が発生しました。ベランダの床板が徐々に自然に帰ってしまっていたのでござ います。特に雨の落ちる2カ所での状態は、大変にひどく、報告を出した総省総本殿庁では緊急報告として御教祖様に上奏したのでございます。御教祖様は大変 御心配になられ、御自ら床板の御検証を行われたのでございます。その結果、とおちゃんに御相談なさったのでございますが、とおちゃんは最も安く済む方法を 具申したのでございます。それはとおちゃんが床を張り替えて塗るという方法でございまして、ひとえにとおちゃんの体力勝負でございます。それをお考えに なって御教祖様は、専門業者に発注を命じました。
 事件は引き続き、次々と起きます。先ず、古い床材を外すところで難工事となります。木ねじがな かなか取れません。作業員の方々は四苦八苦していました。その様子を見ながらとおちゃんが胸をなで下ろしていたのは秘密でございます。更に、あらかじめ部 材に塗料が塗られていたのでございます。防腐剤が塗られているのはよくあることですが、値段の高い塗料が塗られているという話は聞いたことがありません。 部材は寸法を合わせて用意されたものではなく、切断して使うのですから無駄なことをしているわけです。そして、その如何にも薄く塗られた塗料1度塗りで塗 装が終わりだとお聞きになった御教祖様の激怒のすさまじさは言語を絶しておりました。見積もりの段階でも木造工事より塗装の方が高くなっていたということ もあります。担当業者の専務が呼びつけられまして、何時間詰問されたかにつきましては秘密でございます。
 その結果、塗装業者が参内し、仕上げを していったのでございますが、それを見ていたとおちゃんがその仕事ぶりと腕を素人仕事と評価していたことは秘密ではございません。そして、仕上がりを見て 担当業者の専務も同じ意見を持ったようでございます。この件については色々と話し合われたようでございますが、結論としては、ここはやはりとおちゃんが塗 るしかないと言う事になり、塗料が手配されることになって決着したようでございます。プロとは思えない仕事を見るのに嫌気がさしているとおちゃんは、床を 張るのにも未練を残しているようでございますが、解体作業の難工事を見ていますので、口出しはしないようでございます。
 と言う事で、天気の良い時にとおちゃんが総本殿庁の手先として塗装員のアルバイトをするのでございますが、報酬はオヤツだそうでございます。最初に具申した案ですので、文句を言う筋合いではございません。
 ところで、このところオヤツとして3種のセンベイが用意されております。我々一同、オヤツを求めて大移動しなくて済むのでございますが、やはりここはアイスクリームを期待しております。以上で広報部発表を終わります。アイスクリームを要求するぅ。
                  広報庁担当官カエル
 ★★ 76カロナン事件第3系列
Date: 2010-08-03 (Tue)
 近々、御教祖様の御勧誘により、先だっての亀兄弟のカロナンバックと同じ柄ながらベースが白となっている一品が、ケロプッタ国 へ向けて移動中でございます。こちらに付きましては、滞りなく手配が進められたのでございますが、今1つ、御教祖様のお目にとまったカロナンがございまし た。何でも人形の姿が描かれているというように情報が流れておりますので、カエル一族の関わりを持っているかどうかは定かではございません。この者達につ いて御教祖様は、最初にお目に留まった時に、秘書庁のとおちゃんに御下問されました。とおちゃんの答えは何時も決まっております。「お早く手配を」。御教 祖様は素直な御性格でございますので、そのように進言されると御戸惑いあらせられます。そうこうする内に、人形達の周囲の状況が二転三転し、そんな逆境の なかで人形達はケロプッタ教に敬意を表さないことが明らかになってきましたので、この話は無かったことになりました。
 白のカロナンが到着した際 は写真班が活躍する手はずでございますので、国民の皆様にご紹介できるものと存じます。先だってのカロナン関係の騒ぎで丸形の下賜が決まっておりますダラ イ・ガーマ・クー枢機卿は、一番乗りの写真撮影を目指しているとのことでございます。広報部一同、蓋が閉まることを念じております。
 最近は国の 隅々まで食料が行き渡っております。飲料やオヤツについても同様でございます。冷凍庫には新品のアイスクリームがあることを広報部では掴んでおります。 ケータイを持った広報局の張り込みも配置されております。今日あたり、という噂も流れております。それでは今日の広報はこれまでといたします。しっ、静か に集合地点まで移動じゃ。
                  広報庁担当官カエル
 ★★ 77白地に亀のカロナン到着
Date: 2010-08-09 (Mon)
 亀兄弟のカロナンバックが入国いたしました。入国前から待機しておりました写真班と記念撮影部隊によって、審査会場へと誘導さ れました。並み居る歓迎パレードの面々は、入国時の状態について全くの新品のようであると口々に答えております。50年の歳月を過ぎたはずでございます が、付いておりますカードも新品の様子で、まるでタイムトンネルを通過してやって来たようでございます。御教祖様におかれましては、予想以上の状況にいた く御感動あらせられ、御記念のアイスクリームにプリンまで付けて振る舞われました。プリンのシロップもインポートものを特別に用意してございます。
  ガーマ・クー枢機卿はピックル大司教をお連れになり、早速の記念撮影を敢行いたしましたが、この為だけに待ち構えていたことは秘密でございます。ガーマ枢 機卿も大変な喜びようでチャリ・ホツ・クー枢機卿と共にバックに収まって写真撮影が行われましたが、門外不出の一枚であるという事で御座います。
  ところで、おやつを報酬として請け負ったとおちゃんのベランダ塗装工事ですが、天候がいまひとつ、降雨の無い日が2日続いて欲しいのです。そうすれば、作 業が出来るのでございますが、なかなか出来ません。こちらについては続報があればお知らせいたします。それではこれで教団広報を終わります。
                  広報庁担当官カエル
 ★★ 78カロナンだぞ。カロナン事件
Date: 2010-08-12 (Thu)
 このところの写真広報はカロナンしかないではないかという国民の多数の御指摘がございました。広報庁としましては忠実に情報をお伝えしているのでございます。決して片寄った情報をお伝えしているわけではございません。何もかも御教祖様の御意志なのでございます。
  さて、今度はキノコ柄のカロナンがケロプッタ国へ向かっております。御教祖様におかれましては海外のオークションサイトにまで配下の者を派遣しておりま す。国内の取引価格とは段違いの価格でございまして、海外オークションで手に入れ、国内オークションで売りさばくビジネスモデルが成り立つとお考えでござ います。その通りの商売をしているものが既に居りますことは、秘密でも何でもございません。ところで、同オークションサイトにて望遠鏡を検索したとおちゃ んは、その中に新品を出品している業者がある事に気付きました。望遠鏡は台湾や中共で作られていますので、輸入品の再輸出物となります。当然ですが税金や 送料、手数料等で安いものにはなっていません。メーカーのWebショップから買った方が遙かに安くなります。
 本日は、台風の影響で大雨となって います。御教祖様の落ち着きが少々失われていると申す者がおりますが、天候をも操る御教祖様でございますから、決してそんなことは御座いません。この雨 は、教団本部の庭園にも恵みの雨となっておりますし、どんなに記録的な降雨があっても、国内に問題となる地域はございません。隣国では、事によると死者も でかねないような様子でございますが、やはり施政者の問題であろうと噂されております。
 ところで本題でございますが、オヤツとしてプリンがある のでございます。ところが昨夜、何者かが侵入し、1つを盗み出したとのことでございます。食べかすが発見されております。安全保障庁が調査しております が、犯人は未だに判明しておりません。こちらも徹底追求するとの声明が出されております。それではこれで広報を終わります。
                  広報庁担当官カエル
 ★★ 79カロナンだ。カロナンに文句言うな事件
Date: 2010-08-25 (Wed)
 キノコ柄のカロナンについてはお知らせしたとおりですが、広報部では、ゴルフ場の絵柄のカロナンも入国の為に向かっているとの 情報を得ておりました。しかし、チャリ枢機卿はその情報はガセであると判断して、入国記念会場への待機をしなかったので、記念写真撮影に間に合いませんで した。このような事情でケロ丸天文台長とワニオ代表がフレームに納まったのでございます。
 ところで、チャリ枢機卿がすねるように広報部の情報収 集能力を疑った原因については、定かではございませんが、最近要求主任としての仕事が無くなり、晴天祈願としか背中の団扇に書かれていない為に不満が高 まっているためではないかと囁かれております。そこで、御教祖様付きの要求主任としての役を与えてはどうかと総省及び財務省で検討が行われております。
  さて、ゴルフ場の絵でございますが、旗の数字が8となっております。9であれば良いと御教祖様が囁きになったとの噂がございますが、噂でございます。9と 言う事では、これでカロナン・バスケットは9となりましたので、耳にした御言葉を誤解したお付きの者の軽口であろうと言われております。
 あっ、冷凍庫からアイスクリームが搬出されたと監視カメラ担当から報告が入りました。本日も暑いので、早く行かないと溶けます。では、これで本日の広報を終わります。それ、全速力疾走じゃ。
                  広報庁担当官カエル
 ★★ 80ボン太くんとカロナン戒厳令事件
Date: 2010-08-30 (Mon)
 本日の最初の御報告は広報のトップとなったボン太くんでございます。こちらについては情報収集が遅れ、責任者が既に入れ替えら れておりますが、そのような人事の手配よりも、入国の手配を急いだとおちゃんによって無事到着しております。何でもとうちゃんが、何とかメディアと呼ばれ ていた物も同時に頼んでいたということで御座いますが、その何とかメディアを何の為に発注していたのかは定かではございません。
 さて、毎回、カ ロナンで非難を浴びておりますが、今回は表沙汰に出来ない事情がございます。大声では言えませんので、広報といえど小声になります。教団本部ではこの話題 については、片隅でこっそりと噂話をするだけでございます。何でも、アメリカ合衆国に派遣した駐在員が、丸いカロナンの買い付けに失敗したとのことで、御 教祖様の御叱責を買ってしまったと言う事があったようでございます。この事件は大変な余波をもって教団本部に激震となって、国民の間にも動揺が広がってお ります。戒厳令が布かれ、近来無い大事件となっております。今回、着任地より急遽呼びもとされた担当者は、地下座敷牢へと幽閉されており、また、代わりに 指名されたら大変だと言うことで、外務省幹部の行くところ、職員達は逃げ回っているとのことでございます。
 ところで、カロナンでは明るい話題が 1つだけございます。最初に到着したカメのカロナンは、バスケット上部に革のバンドがあったはずなのですが、担当者が買い付けた時は既に剥がされておりま した。これをお気になされていた御教祖様は、先日所用で訪れた隣国、浅草は浅草寺の近くにある革の販売店で、良さ気な革を御入手されました。この革を使 い、とおちゃんが革バンドを作ったところ、大変に良い様子となりました。こちらについては御教祖様も御満足いただけたようでございます。
 本題に やっと入りますが、とおちゃんの姪御様が隣国にいらっしゃるのでございます。隣国に作られたネズミの国がお好きとのことで、そちらで手に入れたお菓子をし ばしば教団本部にお送りいただいております。本日のオヤツはこれがあたると言うことで、戒厳令の中で外出禁止令まで出ておりますが、オヤツは配られるので 安心せよとのとおちゃんからのメッセージでございます。
 以上で広報を終わります。
                  広報庁担当官カエル

[81] >81カロナン追加報告 Date:2010-09-16 (Thu)

 カロナン・バスケットは総本殿庁御用達物品の指定を受け、通関手続きに特例が出ております。花柄とフクロウの2品が先ず特例対象となりましたことを御報告致します。特に担当者の手間を省いて少しは業務を軽減させよとの御指示が御教祖様より後発令されております。戒厳令事件で御報告しましたが、座敷牢行きとなった担当者は、許されて職場復帰を果たしておりまして、復帰早々にケロル大司教の眷属を発見し、入国の手配を済ませるという大手柄を立てたのでございます。更にケロ吉・ダーヤン・ケロ丸・信之助の仲間の探索にて着々と成果を上げていることから、御教祖様のお怒りは完全に解けております。やはり、この者しか担当者としてあり得ないとの観測が広がっておりますが、広報部では代わりの者が居ないという事実を掴んでおります。
 これらのカロナン入国に際して、前回、チャリ枢機卿が写真撮影の機会を逃がしたとのことで、大変に残念がり、フクロウの時は前日から会場に泊まり込むという念の入れようでございました。このような場合、緊張しすぎで寝過ごすということは、よくあることでございます。しかし、チャリ枢機卿は一睡もせず、目の黒みが剥がれるほどの気合いの入れ方で、入国写真をゲットしたのでございます。こんな事をしていては身が持たないと本官は考えるのでございますが、その点、ケロ丸天文台長は、ずっと寝ながらも花柄カロナンの記念撮影をものにしているのは、さすが天文台長を預かるだけのいい加減さでございます。
 さて、教団本部では御教祖様より豪勢なケーキが振る舞われております。この為、さすがにオヤツを探して国内をうろつくカエルの姿は見受けられません。しかし、時たま現れる不法侵入の猫どもは、御庭園の隅で野鳥を狙ってございます。オヤツと言うよりはディナーでございましょうか。そんな時、とおちゃんの繰り出すスーパー宇宙兵器で猫どもは退散となるのでございます。

[82] 82ケロル一族到着 Date:2010-10-05 (Tue)

 ケロル大司教の眷属が無事に入国しました。入国記念会場では撮影の為に特別に宴が催されたのでございますが、舞い上がったケロル大司教が、入国者に抱きついて慶びを表しました。しかし、迷惑そうな様子であったと監視員から報告が上がっております。何でもこれで毎日の仕事が減ると考えたケロル大司教なのでございますが、きれいな双子が登場したのであるから、御教祖様におかれましては心置きなくネブネブすることが出来ると巷では噂されております。ケロル大司教の幸せや如何に。
 さて、座敷牢を味わった担当者が成果を上げていると報告しております。ケロ吉・ダーヤン・ケロ丸・信之助の仲間の探索にて着々と成果を上げているとも御報告しておりますが、既にケロプッタ国へと入国の為に彼らの兄ちゃんや弟が空の旅をしているとのことでございます。これだけの成果を上げながら、何時までも座敷牢の担当者というのも涙をそそる事態でございますので、何らかの愛称を募集するが良いとの御言葉を戴いております。しかし、謙虚にも担当者は、また何時失敗するやも知れませんと辞退しております。そこでケロ丸天文台長猊下は新たな役職名を与えてはと上奏してお認めになられた御教祖様の御裁可でチャロくんには、ごっつい役職名が授かるはずでございます。
 ところで、くず餅が振る舞われた脇をチャリ大僧正が封筒を持って走り抜けたのが目撃されております。こんな時、真っ先に取り付いて御相伴になるはずのチャリ大僧正が、何時も足元に隠している封筒を持って走り去ったのは、大事件があったに違いないと総省では囁かれております。しかし、事の真相を解明する前に、アイスクリームが振る舞われております。これも国民の目を逸らす手であるとまことしやかに話す者もおりましたが、本官のあずかり知らぬ事で御座います。こらー、ワシのアイスクリームを残しておかないと末代まで祟るぞえー。
                  広報庁担当官カエル

[83] 83チャリの封筒事件 Date:2010-10-06 (Wed)

 総本殿で囁かれる噂にチャリ大僧正の封筒が登場してからそれ程立たないのでございますが、話題ランキングとしてはトップに躍り出ているのでございます。広報庁としても座視できずに、突撃インタビューを試みました。隣国でも突撃インタビューは既に流行らないものとなっているようですが、話題の緊急性から指令が出ております。さて、その結果でございます。天文台の財政を預かる長として天文台長を支えてきたチャリ大僧正でございますが、最近の不況で仕事が減っておりました。その上、このほどケロ丸天文台長と血のつながる弟君が入国の為に本国へと向かったとチャロ君から報告を受けて、自らの立場が危うい事に考え至ったのでございます。そこへ、天文台運営資金として御教祖様から特別に報奨金が出ましたので、喜びのあまりオヤツを見逃すという、あるまじき事態となったそうでございます。
 ケロ丸天文台長はとおちゃんのカメラのレンズを補充する計画で、資金繰りをしていたようでございますが、今回の報奨金でその計画を前倒ししようと総省に計ったところ、当のとおちゃんから、ちょっと待てという伝言が寄せられました。よく計画を練ってから発注せよとの、とおちゃんらしからぬ反応でございます。御教祖様もこの対応を御覧になっておりましたが、何のコメントもなく、御教祖様に置かれましてもいつものなさりようではないと申す者もおります。
 さて、教団本部の周辺では紅葉がそろそろ出てきております。春の芝桜と共に秋の紅葉は見事な風物詩となっております。国民の多くが冬眠の用意をしながら、紅葉を待っております。そんな準備中の中をチャリ大僧正が、また走っております。手にはアイスクリームの箱を持っております。これで、オヤツのアイスクリームが確保されたようでございます。本日の広報はここまでとします。
                  広報庁担当官カエル

[84] 84弟くんとカロナン同時到着事件 Date:2010-10-12 (Tue)

 チャロくんの功績で教団を代表する三使徒であるケロ吉・ダーヤン・ケロ丸と新之介の仲間が本部に向かっておりますが、一番乗りを決めたのは弟くんでした。何しろ御教祖様が特別送致品として世界中に張り巡らせた輸送網に乗ったカロナンバッグに入っての到着です。出迎えたチャリ大僧正と記念撮影が行われましたが、第一の功労者であるチャロくんは今日も衛星軌道エレベーターで米国へ出張でございます。この度、御教祖様より特別に総省特別広報官に任命され、外務大臣もパートタイムで行うという事になりました。ケロプッタ国では外務大臣の扱いはこの程度でございます。
 天文台では、特別下賜金はチャリ大僧正の管理となっておりますが、昨日、とおちゃんが一枚抜いていったと噂になっております。事の真相は広報部にもたらされておりませんが、何か別の物が搬入されていましたので、この分の支払いに充てられたのではないかと、教団本部高官よりリークされております。天文台長からは、確実なことではないがと断った上で、音の出る物であると考えられるとチャリ大僧正にお話がありましたそうでございます。これについて御教祖様にお聞き申し上げるのも恐れ多いことでございますので、広報部からは誰も上奏する者がおりません。ただ、チャリ大僧正と新人の弟が元気良く「金よこしぇ」と御教祖様に向かっていったとのことでございます。チャリ大僧正の命運や如何に。
 ところで、カロナンがもう一つ入国したわけでございますが、他にも既に入国に向けて移動中であると報告されております。先ほど御報告したように、三使徒の腹違いの双子や兄ちゃんに付きましても入国に向けて移動中でございます。入国の折には大々的にパーティが催される予定でございますので、我々もケェキやアイスクリームの分け前に与ることは明白でございます。これを虎視眈々と狙っている者どもが総省にはウジャウジャしております。勿論、広報では狙っていない者など居りません。
 あっ、チャロ特別広報官が帰還致しました。発表があるようでございます。チャロくんこちらへ。お話し下さい。
 御教祖様におかれましては、教団本部にカエルの土鍋が必要であると仰せになられ、買い付けに回っておりましたが、このほど無事、成約して帰還致しました。御報告は既に御教祖様に申し上げており、発表してよろしいとのことでございました。
 チャロ特別広報官、お疲れ様でした。ごゆっくりお休み下さい。ありがとうございました。これにて本日の広報を終わります。こらー、てめえら、チャロくんのお土産を猫ばばするなぁぁぁぁ。
                  広報庁担当官カエル

[85] 85ケロ兄氏&カロナン入国事件 Date:2010-10-19 (Tue)

 発表いたします。ケロ丸天文台長の兄上に当たるケロ兄(けろにい)氏が入国しました。入国歓迎場では総本殿の面々が、入れ替わり立ち替わり、こぞってお祝いをしております。何でも三日三晩は歓迎の宴だそうでございます。この為、総本殿の通常業務は全て後回しとなっていますが、これについての苦情は一件も報告されていません。ケロ兄は長旅の疲れで、そこかしこの毛があっちこっちに寝ておりますが、最も良く寝ておりますのは御本人でございます。さすが寝ているカエル一族の長兄でございます。
 この関係で、ケロプッタ教団のウェブペェジを書き換える必要が出ております。それだけでなく、最新の情報を世界に発信させるべく教団ペェジを改訂することが必要であるとの答申が、総本殿庁より、御教祖様に提出されております。現在、担当の秘書庁では、これに関する予算要求書を総本殿庁に回すところであると公式に発表されております。騒ぎは徐々に大きくなっておりまして、一触触発まで臨界が近づいているとの観測が国防軍から報告されております。
 この騒ぎに影が憂くなっておりますが、同時に入国したカロナンバックは正に年代物で御座います。50年は経ってる物でございますので、半世紀の年輪が刻まれております。裁縫用に使用されていたようでございまして、写真では判りませんが、ふたの表面はかなり傷んでおり、再塗装が必要で御座います。これについては、御教祖様秘書庁と総本殿庁がタイアップした補修部隊に出動が要請されております。武器はニスとか申すものだそうで御座いまして、何でも新品同様になると、うわさされております。
 さて、先ほど外電が入り、チャリ大僧正にまたまた何らかの連絡が入っております。それを聞いた途端、チャリ大僧正は、宴会会場を抜け出し、御教祖様に参内したとのことで御座います。広報庁の秘密スパイによれば、「現金を要求する」というチャリ大僧正の声が聞かれたと言う事で御座いました。最近、チャリ大僧正の持つ要求団扇に、何か追加されているらしいとの情報も御座いますので、広報庁としては、更に詳細な調査の為に費用をこれから要求することにします。また、このような場合、何らかの資金が天文台経由で届いた場合が多いと、天文台の高官がコメントを付けております。外電の内容に付きましては外務省が秘しておりますが、たかが外務省、撮影されたビデオを提出させるのにアイスクリームで釣るまでもありません。また、天文台長ケロ丸氏もセンベイの匂いや音で目を覚ますと言われております。こちらからのアプローチも行う所存で御座います。
 以上で本日の御報告を終了致します。こらー、おまえら、ワシの分まで食った奴は煙突の上で干しガエルにしちゃうぞぉ。

                  広報庁担当官カエル

[86] 86ケロ兄に椅子の下賜 Date:2010-10-21 (Thu)

 歓迎の宴の中、ケロ兄は御教祖様より専用椅子を賜りました。ケロ丸天文台長も椅子を賜っているので御座いますが、誠に勿体なく恐れ多いとしてカゴに常駐しております。ここで、頭の巨大なケロ兄はそれを支え、ゆったりと居眠りの出来る背付きの椅子を賜り、総本殿の中に居場所を確保したので御座います。今は無冠で御座いますが、名前からして兄(にい)でございます。二位以上は間違いないと噂されております。3使徒達が就寝する部屋の一角に座所を定めたケロ兄は、3使徒と新之介の兄として、居眠りしながらも大役を果たしているので御座います。御教祖様から戴く位階はどの様なものになるかに付きましては、ただ今調査中で御座います。
 ところで、チャリ大僧正が日々の仕事としている、天文台事務長で御座いますが、扇子の調査が終わっておりません。実に巧妙に見せた途端に振り返って見えないようにしております。以前の「とおちゃんの〜」に比べると格段の素早さで御座います。これもチャロ総省特別広報官に刺激されているのだという分析を披露するものがおります。それはともかく、そろそろ、天文台運営資金の行く末についての御決済が下るはずで御座います。とおちゃんにかすめ取られた一枚を取り返すべく、本日は大変に忙しく走り回っていたチャリ大僧正でございますが、この時間になるともうオネムでございます。ケロ丸天文台長の隣に潜り込んで団扇を振りながら御就寝となります。時々寝言をいっていると報告されております。「ケロ丸兄ちゃーん」「金よこしぇ」「金出しぇえ」。さすが事務長で御座います。
 あっチョコレートが振る舞われております。これで広報を終わります。ああっ最後の一個で御座います。戦闘モードで最大戦速っ。
                  広報庁担当官カエル

[87] 87天文台運営資金消失事件 Date:2010-10-23 (Sat)

 天文台運営資金を預かるチャリ大僧正が、ケロ丸天文台長に内密に相談を持ちかけたという噂が飛び交っております。その相談内容が、御教祖様から資金を差し押さえられたとか、天文台の運営資金で運用利益を出そうという話だとか各種の説が飛び交っております。
 目撃情報によれば、チャリ大僧正が大事に持っている封筒を御教祖様がお持ちになっていたそうであります。ということは、チャリ大僧正のもとには、運営資金がないということではないか。広報庁では総省省令をもって、天文台の捜索を行い、運営資金が存在していないことを確認しました。この件に付きましては、以降、かん口令が布かれた為に、一切の情報が入らなくなっております。あっ、教団特高員が乱入してきました。本官が目標のようです。本官は身の危険を感じております。脱出しますが、今日のオヤツとしてアイスクリームが予定されております。本官のオヤツを確保した庁員には運営資金から報奨金が出ることにします。これにて本日の発表を終了します。
                  広報庁担当官カエル

[88] 88天文台運営資金消失事件続報 Date:2010-10-25 (Mon)

 朝、何食わぬ顔でチャリ大僧正が、朝食をケロ丸天文台長やケロ兄と摂っておりました。先だっての天文台運営資金の消失で、教団本部はもとより国内中が騒然としたのでございますが、そんな騒ぎがなかったのかのような平和な風景でございます。広報庁としては担当官一名が行方不明となっていて、業務に支障をきたしておりますので、事態の説明について記者会見を開くように求めたのでございます。しかしながら、チャリ大僧正は何のことであるかと、とぼけておりました。そこで、広報庁でも辛口で知られる局員が迫ると、例の札束の入った封筒を出して、何も問題はないと言い張ります。確かに隣国の紙幣が帳簿通りに入っており、この件の顛末に付きましては、更に調査が必要であると思われますが、力の入りようは大分抜けることになります。
 あっ、急報です。行方不明だった広報庁担当官が発見されました。総本殿秘書庁のオヤツ隠し置き場にて、オヤツの山の中に潜んでいるところを捜索中だった広報庁によって発見されました。本人は教団特高員に押し込められたと証言していますが、ここに入る為には何段もの許可と鍵が必要なのでございます。この証言は隣国の検察庁幹部の証言並みに怪しいと思われます。調査が期待されます。

 ところで、潜入させた諜報員に寄れば、チャリ大僧正が御教祖様にいつもの金出しぇぇぇぃではなく利子を出しぇぇぇぃと迫っていたとの報告が入っております。また、運営資金の保管場所への出入りはチャリ大僧正だけでなく総省幹部であれば、誰でも可能であります。これらから、チャリ大僧正が運営資金を御教祖様に貸し付けて運用しようとしたのではないかという疑惑が持ち上がるのでございます。何と恐れ多いことでございましょう。しかしながら、総省でのチャリ大僧正の地位は盤石であり、本人の意向はともかく、やつれ果てた姿で要求する姿は、チビ○○○やミニ○○○の成果を上回っているのは確かなことでございます。何しろ、寝こけているケロ丸天文台長に代わり、実質的に天文台を維持しているのはチャリ大僧正であるのは万民の認めるところなのでございます。チャリ大僧正に幸アレ。天文台運営資金にも幸アレ。本官のオヤツにも幸アレ。


                  広報庁担当官カエル

[89] 89カロナンではないぞ事件 Date:2010-10-26 (Tue)

 エニッド・コリンズと無名作者のビンテージボックスが入国しました。エニッド・コリンズはキノコの絵が描かれております。また、無名作者のボックスのフタにはキノコとカエルが描かれております。御教祖様におかれましてはカエルは勿論なので御座いますが、キノコもご趣味の範疇なので御座います。とは言っても、やはり、かわいらしいキノコがお好みであることはいうまでもないことで御座います。今回は珍しくもケロ丸天文台長やチャリ大僧正が中に入っての記念撮影に興味を示さずにおりましたので、厳粛な雰囲気で入国の手続きが行われました。なんでも、他のことで気を取られていたとのお付きの者どもの証言が御座います。更にリーシ、リーシともつぶやきながらケロ丸天文台長が千鳥足をしていたとの未確認情報も御座います。そして、出たがりのケロル大神官兼大僧正も、腹違いの双子と仲良く語らっていて写真撮影を忘れていたようで御座います。タマにですがこのような事があります。
 さて、本日はお気に入りの入信者が到着して御満足のところで御座いますが、更に何かの記念日であるということで、サーモンを使った寿司飯によるライスケーキが国民に振る舞われました。久しぶりで御座いまして、本官はうれし涙が出てまいりました。それで、何の御記念日であらさられるかをお聞きすることを失念しておりました。通報員に寄りますと、オシャマンベという地名と思われる御言葉があったというように伝えられております。どの様に意味と関係があるのかは定かでは御座いませんが、大変に興味を引くことで御座いますので、広報としましては全力で調査に取りかかる所存で御座います。
 あっ、おやつのビニール袋を開ける音が教団本部内に響き渡っております。これは内密な会議予告であり、ほとんど召集令状といっても良いかと思います。それでは皆さん、本日はこれまで。
                  広報庁担当官カエル

[90] 90木製バック事件 Date:2010-10-28 (Thu)

 今日も御教祖様の御命令を受けてチャロ特別広報官が軌道エレベータ経由で出張しております。このところの御教祖様におかれましては、木製バックの蒐集に集中しておられているとの事でございまして、チャロ特別広報官に休みの日どころか、休み時間すらないと報告されております。しかしながら、沢山の検索項目と調査対象があるとのことで、頑張っております。同様に天文台事務方も予算獲得に必死に運動しておりますが、新ケロルくんとケロ兄への御寵愛が深く、こちらはあまり順調ではないとのことでございます。また、予算獲得に動いても、現在の封筒に入っている資金がちらついてしまい、獲得できずに終わることが多いと報告されております。当初、教団付属天文台のカメラレンズ購入資金に充てるとされておりましたが、総省より一時停止の省令が出ていらい、何の進展もございません。何でも、とおちゃんがもっと高い高級品を欲しがっているとの観測が広がっております。
 先ほどアイスクリームを要求するというとおちゃんの声が聞こえたのでございますが、一向に用意される様子がございません。本官はこれからふて寝でございます。煎餅食って寝よ寝よ。
                  広報庁担当官カエル

[91] 91ケロック君入国、紅葉不調事件 Date:2010-10-31 (Mon)

 本日は隣国近地におもむかれた御教祖様の御威光により入信を願い出たものがありましたのでお知らせいたします。ケロックと申しております。決してケロッグではないと強調しておりました。何でも牛乳を入れて食べる食品の宣伝をやっていたとのことでございますが、そろそろ真っ当な道で身を固めたいと思っていたそうでございます。情報に寄れば砂糖を必要とする場合もあることから、虫歯を招くという理由を付けて御教祖様の御生家では、なかなか食卓に出していただけなかったそうでございます。ああ、そうそう、貯金箱に入ったカエル君も付いてきております。先ほどのケロック君もでございますが、こちらも芸達者のようでございます。
 さて、今年の紅葉でございますが、残念なことにもう終盤を迎えております。とおちゃんを筆頭とする写真記録隊が、終盤を飾るドウダンツツジの色替わりを今か今かと待ち構えておりましたところ、さほどの色になることなく、はかなくも散ってしまっております。後はノムラモミジでございますが、確かに色は付きましたが、一斉にではなく、今年の紅葉に付きましては、例年に比べさほどの華やかさが足りないと申す者がほとんどでございます。慚愧の念が残る撮影隊は、残念会の宴会を強行しておりましたが、先ほど、総省警ら隊により解散させられた模様でございます。こうなると総省御教祖様秘書庁で秘密会となるのは見えておりますので、本官はそこでオヤツにありつくつもりでございます。アイスクリームがあるはずじゃぁぁぁ。出会え出会え秘書庁へ行くぞっ。
 ★★ 92手配物遅延事件
Date: 2010-11-09 (Tue)
 御教祖様におかれましては、お忙しい毎日をお過ごしになっておられるのですが、このところ、少々御心痛がございます。チャロ高等広報官が集めまくった物品は。隣国経由の航空便を使って我が国まで空輸しておりますが、このところ遅延が生じております。それは、何でも隣国で国際会議があり、その為に通関手続きが滞っているようでございます。まして、隣国の通貨はこのところチャロ高等弁務官の活動する地域で使用される通貨に比べて高くなっていまして、割安感から隣国からの直接注文が大変に増えている状況もあります。この結果として、チャロ臨時外務次官が御教祖様の為に送った荷物がことごとく隣国で止まっているのでございます。これでは、とてもハブ空港を目指して空港を整備してきた隣国の政策は実現されているとは言えないのでございます。
 さて、チャロ広報庁長官代理が御教祖様の為に集めました品々に付きましては、別途、手配された配下の者どもが秘密裏に国内へ輸送中であると暗号電文が入っております。程なく入国記念パーティ会場に到着すると思われますので、各位の心構えと用意を怠りなく進めるようにとの御教祖様からのお言付けをちょうだいしておりますゆえに、皆の者、苦しゅうない。近こうに寄れ。「パーティじゃからオヤツがあるぞよ」
 以上で広報を終わります。
                  広報庁担当官カエル
 ★★ 93遅配特別便到着事件
Date: 2010-11-10 (Wed)
 入国パーティ会場にようやく姿を現わしましたのは、先ずカエル入信希望者2.5名でございます。2.5名と申しますのは、二人で一人という変わり種のせいでございます。眼をぱっちり開けて背中の荷物を担いでおります姿を、後ろから眺めますと、なんとぐっすりと寝ているのでございます。何でもドアノブとか申すところにぶら下がって、中の状況を来訪者に知らせる役目をやっていたそうでございます。次にチャロ君と共に登場したのは、双子座生まれの箱君です。話に寄れば、難がある、ナンアリですのでカロナンではございません。何でもアリだそうでございますが、星座シリーズの絵柄が描かれていて、中に貼ってある布も星座宮シリーズの絵柄が付いているということでございます。
 ところで、同時にとおちゃんが発注したと噂の箱が到着しておりまして、いそいそと天文台に出かけていった姿が目撃されております。何が秘密裏に搬入されたかに付きましては全く情報が無いのでございますが、当のとおちゃんが抱えた品物を大事そうに天文台まで運んでいる姿がビデオで撮影され、映像が流出しております。この事についてこれから記者会見が開かれるとのことでございまして、本官も会場にこれから向かうところでございます。また、このビデオを見せられた高官によれば、何かカメラのようであったと証言しております。あっ、記者会見場でオヤツが振る舞われるとの情報がはいりました。本官もこれから急行いたします。
                  広報庁担当官カエル
 ★★ 94カロナン君、チャロ広報官より極秘電文事件
Date: 2010-11-24 (Wed)
 ご報告が遅れましたが、先日、カロナン君が入国いたしました。このカロナン君はクリーム色の下地なのでございますが、塗りの関係でございましょうか、黒いスジが入っているところが沢山ございます。一見、汚れているかのように見えるのでございますが、決してそうではございません。木の目のところもございますが、明らかに刷毛のせいの部分もございます。それは上に塗られたニスと思われる塗料が原因ではないかと、文部省占星庁科学分析部化学班担当から報告が入っております。この事に関しましては、秘書省の預かりとなっていまして、また、先端技術班が解決を図ると言う事でございます。
 ところで本日は、衛星回線によりチャロ総省特別広報官より、ハイスペクトル非標準フォーマット伝送形式の電文が到着いたしました。解読の結果は、即刻、御教祖様へと転送されたのでございます。内容につきましては極秘事項となっておりますが、本官には判っております。チャロ広報官がこの伝送形式を使う場合は、ケロ丸一族を発見した時だけなのでございます。中身など見なくても、これが届いたと言うことは、御教祖様におかれましては非常なるお喜びのことなのでございます。どれほどのお喜びであらせられるかにつきましては、あらためてお知らせいたします。
 最後になりますが、こちらが1番肝心な点でございます。本日は食糧庁の一角にお菓子というものが保管されていることを広報庁では掴んでおります。これは既に封が切られ、配布可能の状態になっております。ここでピケを張る者も出ましたが、とおちゃんより安心して配布を待てとの連絡が出ております。さあみんなで食糧庁へいこう。
                  広報庁担当官カエル
 ★★ 95入国の為に出発事件
Date: 2010-11-29 (Mon)
 衛星回線によるチャロ総省特別広報官からの連絡につきまして、本人が帰国し、直接御教祖様に拝謁しての報告の後に開かれた記者会見によりますと、何と3名の同族を発見したとのことでございまして、間違いなく入国への手配を進めているとのことでございます。今回の功績に寄りましてチャロ氏は総省大臣として取り立てられることになった事が、秘書省人事局より内示されております。3名が入国記念会場に到着次第、発効するとのことでございますので、チャロ氏が入国記念パーティを主催することになるとの観測が出ております。
 このイベントは年末の最大のイベントとなる事は間違いございません。何でも異教の習慣でクルシミマスとか申すものがあるそうでございますが、開祖が生まれたのを記念する日だとか、はたまた戸を閉めて悪霊を避けるスリコギの日とか言われているようでございますが、本官にはよく判りません。とにかく年末の行事として精一杯散財して騒ぐという祭りがあるそうなのでございます。まあ、何やら楽しいお祭りでございますから、我が国としましては拒否する必要はございません。何しろ美味しいものがいっぱい出て来ると言う事でございますので、一同、今年も期待しているのでございます。その中で最も大きな歓迎会が、この度の三名の入国でございます。御教祖様におかれましても殊の外、お喜びであるとのことでございますので、御馳走を国民は期待しております。
 あっカキでございます。急がないと無くなります。それでは広報はここまででごじゃいましゅ。
                  広報庁担当官カエル
 ★★ 96記念日のケエキ事件
Date: 2010-11-30 (Tue)
 本日は何かの記念日であるという事で御座いまして、とおちゃんが秘密の仕事先より突然帰宅致しました。手には何やら箱と包みを抱えております。何事かと国民総出で見守る中、食料省にて中身が公開されました。箱は久方ぶりのケエキでございます。何と言う事でございましょうか。渋皮の栗を使用した生クリームのチヨコレイトケエキでございます。包みからはアズキバーやミルクバー、モナカアイスクリイムまで出現致しました。今までになかったことでございます。たちまち先ずはアイスクリイムが国民一同に振る舞われ、一同、感動致しました。そして、夕刻前、集合の合図が国内に鳴り響き、参集した者どもにケエキが振る舞われました。
 広報官達も我先に御相伴致しましたので、何の記念日なのかにつきましては、誰一人思い起こすことがなかったのでございますが、お叱りの御言葉もなく、御教祖様におかれましては、お喜びの御様子でございます。
 さて、総本殿ではこれらの喜び事の最中ではございますが、入国審査会場にてカロナンが入国しております。少し変わり種のカロナンでございますが、何しろ偽物を作ろうという欲に駆られた者が出るはずもない分野でございますので、ちゃんとカロナンなのでございます。特に花柄に御興味をお示しになる事からチャロ総省次期大臣が選りすぐって選んだ物でございます。
 なんて平和な日なのでございましょうか。以上で本日の広報を終わります。
                  広報庁担当官カエル
 ★★ 97 12月事件
Date: 2010-12-02 (Thu)
 いつの間にかゲログリオ暦12月になっております。ちなみに世界各国で採用されている暦に対して、更に精度を上げた暦を採用している我が国では、一万年使用しても1日たりとも狂わないという科学技術の水準をこの暦でも主張しているのでございます。まあ、それはともかく、隣邦の古い言葉にシワスというモノがございまして、この12月を示す言葉だというように分析されております。更に隣国より輸入した漢字と呼ばれるモノでは、師が走るというように書き表すことになっております。師は軍隊のことかと思いまして戦争のことかと疑ったのでございますが、隣邦では宗教的儀式の元締めを示しているそうでございまして、それが稼ぎ時ということで走り回るという意味があるそうでございます。稼ぎ時と宗教指導者の関連が本官には良く理解できないでおりますが、いずれにしても忙しくて、てんてこ舞いしている者が居るという年末を表した名称であることが調査の結果明らかになっております。
 ところで、入国審査室はカエルたちやカロナンたちだけを扱っているのではございません。先日、入国してきた中に、怪しい包みがあることから、調査官が秘密裏に開封すると何と漫画が入っていたのでございます。この漫画に付きましては御教祖様に御連絡をさしあげると、とおちゃんに渡せとの御言葉でございました。調査官の報告に寄れば夏戦争と題名の付いた漫画で三冊がセットとなっており、調査官は、つい読みふけってしまったとのことでございます。この噂で総省のカエルどもは寄ると触るとかしましく騒いでおります。密かに総本部では流行りだしたとのことでございます。
 本官はそれよりも食糧庁にある本日のオヤツが気になっております。このところ毎日、数が減っており、一部の者どもに振る舞われていると報告されております。このような場合、御教祖様のお側にいるのが1番でございます。と言うことで、本日の広報はこれにて終わりにいたします。こらーわしのばしょをあけておけぇぇぇぃ。
                  広報庁担当官カエル
 ★★ 98丸いカロナン事件
Date: 2010-12-03 (Fri)
 チャロ総省次期大臣が手配した品物の一つが入国致しました。かねてよりガーマ枢機卿猊下に下賜されるべしと御教祖様より御指示のあった逸品でございます。ところが、なかなか難しい御注文でございまして、チャロ君が世界中を歩き回ってもなかなかございませんでした。今回、御教祖様のありがたい御祈祷と御手配の御陰を持ちまして、チャロ君の前に入信を願い出たのが、今回の丸いカロナンバッグでございます。御教祖様の御力は広大無辺にして向かうところ敵無しなのでございます。早速、入国記念会場では、中の居心地を確かめる為に列が出来ておりましたが、中でも、老体にむち打って、ギル爺さんが登場したことは特筆するにあたいいたします。なかなか良さ気であるとの一言を残して何時もの場所に戻っていきました。
 さて、カロナンやカロナンもどきが18名となっていることに付きまして、これを数えた者が誰であるかも判っておりませんが、一大勢力となっておりますことは間違いございません。その中でカエルを下賜されている者はごく僅かでございます。また、教団本部での居場所に付きましても、場所取り合戦の激しい本部としては、更に騒動の元になりかねないことではないかと本官は密かに心配しておるのでございます。
 あっ、秘密のオヤツが出ているとの秘密の通信でございます。ではこれで本日の広報を終わりますぅ。
                  広報庁担当官カエル
 ★★ 99丸いケェキ事件
Date: 2010-12-24 (Fri)
 本日も御教祖様におかれましては御元気でございまして、久しぶりにケェキをお造りにあらされたのでございます。隣国の巷ではクルシミマス・イブゥという名称でございましたか、まあ、何と申しましょうか、前夜祭で、本祭よりも盛大に行うということでございまして、本官には良く理解できないことなのでございます。しかし、何はともあれ、御教祖様のケェキを賜ることが出来るという幸運に恵まれた日でございます。外見はクリームの白一色でございますが、中にはリンゴが煮詰められて入っており、口の中でとける様子が何とも。
 国内で当たっていない団員はいないはずでございますが、もし、漏れている者が居たら食料省窓口、Sの8番まで早急に申し出よとの御達しでございます。また、食中、食後にあまりの美味さから気絶する者が相次いでいることから医療省ではEの1番窓口にて救急受付をしております。
 また、総省大臣が直前で緊急入院となり、まだケェキを食していないことから、付属病院の一角を破壊しかねかねない勢いで騒いでいるとの情報もございます。何でも、御教祖様の御寝所から緊急に運ばれましたので、何があったのかはよく判っておりません。一応、全身打撲であることだけが発表されております。しかし、それだけ騒げるのでありますから、本当はサボりであったという見方も出ております。ケロ丸天文台長がケェキの一部を持って向かったとの情報もありますから、この件は無事に納まるであろうと教団幹部から内報が届いております。
 以上で本日の広報を終わります。ゲップ。
                  広報庁担当官カエル