◆◆Home ★★ログ ★★管理
ケロプッタ教団広報室

 ★★ 230米国より亡命事件
Date: 2017-01-26 (Thu)
 某国より亡命者が到着いたしました。何でも、トンデモ大統領が就任し、国境に壁を作るとか騒いでいるそうで、その他にも色々と物議を醸し出す様な典型的な余計物(者?)なので、難を受ける前にサッサと、御教祖様の庇護の元に入ることを希望し、特別機でやって来ました。
 ケロニーゴと、とおちゃんより呼ばれていた大きいほうは名前がわかりましたが、小さいほうは名前を呼んで貰っていませんでしたので、小生には判りかねますが、立派なケロ丸ケロ吉ダーヤン族であります。ニーゴ君は、名前から察するに、五男であることが想像されます。何か猫君の様な名前でございます。ところで、あい前後して、こちらも特別機で到着したとおちゃんでございますが、アイスクリイムの巨大な塊の入った厳重な冷凍庫を2つ持った上に、ミルク味モナカをぶら下げていたことを、目撃した者が居ると噂になっております。また、そのほかに、とうちゃんが持ち込んだ荷物の中に、トンカツウと言う包みがあり、御教祖様へ神速で献上されたと報告されております。トンカツウというのは、どうもよだれが滴るほどの甘美な食べ物であると申す者がいて、本部では騒ぎが起こっております。
 こちらの騒ぎ以外は、本部は静かなものです。サッサと夕餉にあたって、今日の宿直はケロル君にでも任せて寝ることにしましょう。ではサイナラ、サイナラ。
              広報庁特命担当官カエル

 ★★ 229教団西院未発表事件
Date: 2017-01-04 (Wed)
 教団西院での工事による拡張作業は昨年9月24日にて写真広報にてお知らせをしておりましたが、西院の神棚につきましては、秘密扱いとなっておりました。これは誠に残念なことでございますが、このチビが不在でありましたので、設置及び運用について広報の対象ではございましたが、そのまま未発表であり、そのまま誰にも気付かれること無く隠されている状態となっておりました。
 御教祖様から拝命しております職責を全うする為、仕事をしていることを示す為にも、ここで、新年を祝う古株達の姿があることを写真広報と共にお伝え申し上げます。ネコとタヌキの一党が上座を締め、御教祖様の眷属として働く神々を守護しお祭りしております。また、下の宮には重鎮中の長老、ギル様をかしらとして眷属が集まっております。中にはゾウ君も居ります。ご一同は既に三箇日のおつとめを果たされ、平常に戻っておられますが、写真広報ではおつとめの最中を伝えております。
 さて、ケロプッタ国ではグレゴリオ暦を使用しておりますので、元旦のうるう秒調整も済ませ、新しい年の用意は万端でございます。何しろアイスもオカキも食べ放題でございます。こらー、そこの奴、食べ過ぎるんで無いぞぉぅ。

              広報庁特命担当官カエル
 ★★ 228広報庁特命担当拝命事件
Date: 2017-01-01 (Sun)
 特任担当官として、1度だけで良いという御言葉でございましたので、ひたすら療養しておりましたチビでございます。今回、めでたく現場復帰してみれば、何と誰も何もしておりません。その上に、御教祖様直々のご用命ということで総本殿へ参りますと、なんと今度は特命担当官を任ずるということでございます。前回との違いはオヤツ食べ放題であるとのことでございます。確かに潤沢なオヤツが確保されており、御教祖様の御配慮は行き届いてございますので感涙の次第でございます。
 しかしながら、見かけぬ顔もそこそこあり、「アレは誰じゃ」と問えば、年末に来た金太郎、金次郎、いや金三郎、いやいや金之助という声があがり、定かではございません。また、とんでもなくデカい箱、イヌたち、スヌ氏のものだそうでございますが、そんなものがあったりして、今浦島の気分でございます。まあ、何はともあれ、新しい年が始まったということで、本年もよろしくお願いいたしまする。
 オヤツはいつものところにあるから皆さんおいでなさりなさいよ。

              広報庁特命担当官カエル
 ★★ 227広報官くじ引き事件
Date: 2016-08-04 (Thu)
 広報部員が全員、長期休暇や休職をした為に、すっかり止まっていた広報でございますが、今回は新たにくじ引きということで、運良く当たってしまって後悔しきりのチビでございます。広報のコメントを一回、書けば御赦免で、次の者を指名しても良いという権利まで付いているとのことでございます。
 さて、本日、歓迎会場にお目見えしたのは、先ず、何やらの入れ物で、目立つところに帽子をかぶった犬が描かれております。そして、ゴルフの格好をした犬とトリ(?)がプリントされたTシャツのようなものが、大歓迎を受けておりました。どうもゴルフの成績は笑いものであったようでございます。その脇には、御教祖様のグッズ集積所にあふれかえっているものと同じようなモノが2つ、片方は、何でも獅子座だそうで、8月10日が誕生日だそうでございます。また、もう1つはコックのようでございます。手に持つのはローソクを載せたケーキで誕生日祝いをこれから行うというところのようでございます。
 それらの間に入るのが、何とサンダルで、激しい花柄模様でございました。聞くところによりますと、御教祖様への献上品として犬どもが持ってきたとのことでございますが、小生、どうしてこんなモノをと思ったのではございますが、これが御教祖様のお好みのモノでございましたら、憲兵隊に拘引されかねません。黙っておくことにいたしました。
 何はともあれ、オカキが用意された歓迎会場裏の控え室まで逃げ込めば、お役はご免となるそうですので、そうそうに引き上げることにいたします。そこの冷凍庫にアイスクリイムが存在しているとの情報もございます。では皆さん、サヨナラ、サヨナラ。
              広報庁特任担当官カエル
 ★★ 226スパイク君着るものが無い事件
Date: 2015-08-13 (Thu)
 御教祖様におかれましては、このところ富みにおくつろぎの御様子でございまして、本部職員一同平和な日々を過ごしておりましたところ、久しぶりの海外からのお客が登場し、すっかり弛緩しておりました門兵を始めとして、慌てふためいて歓迎会場の片付けや掃除をする者共までが、歓迎ムードに包まれております。
 さて、一番に登場したのはスヌ君の兄である砂漠在住の彼でございます。しかし、彼は帽子以外、身に何一つまとっておらず、素っ裸でございました。慌てる侍従達の間を縫って歩きながら、とおちゃんがボソッと「犬だから医院で内科医」とつぶやいたのでございます。チャリ君によりますと、何でも漢字をそのまま読んで平仮名にすれば良いとの事でございます。ということで、彼の第一声は、着るものを寄越せということでございました。
 スパイク君の両脇を固めるのは、バスケット君です。右側に控えるのは蛙でございます。壷のようなバスケットの蓋にカエル君がしがみついております。そして、壁面には御教祖様がこよなく愛されておりますキノコでございます。フタを開けるとガアマ大主教が隠れておりました。写真は久しぶりじゃとのことでございます。
 左にはカロナンのサイン入りトールバスケットでございます。カロナンも御教祖様の御愛用の物でございまして、今回のモノは地の色を活かした一品とのことでございます。写真撮影が終わったガアマ大主教はこちらに隠れていたとの報告が入っております。
 さて、御報告が無かったからといって、国民の皆様におやつがあたらなかったわけではございません。食糧省にはアイスクリイムやオカキが溢れているとの報告が入っております。本日は「とんもころし」が当たるとのことでございます。一人一本とのことでございますので、必ず出頭して受け取りなさいとの御指令でございます。それから、とんもころしとはトウモロコシの教団に置ける正式名称だとのことでございまして本官は今日初めて知りました。
              広報庁担当官カエル
 ★★ 225ピックル君ご出張事件
Date: 2015-03-13 (Fri)
 ピックル君が植苗ステイションに登場しました。実は彼はトリ鉄だったのです。本官は実はこの用語を知りませんので、更なるコメントは付けようがありませんが、多分、カエルたちを捕食しようとするトリを、散々な目に逢わせて退治する役目のことでは無いかと思っております。さて、トリ鉄ピックル氏は、広報班による写真撮影の後で、飯は未だかと言ったとか言わなかったとか。いずれにしても、御教祖様直々の御命令にての派遣でございます。何でも派遣先で集まった者共の中には隣国の経済都市を中心とする言語を愚弄する者が居たとのこと。即刻、鉄槌を食らわしたとのことで、御教祖様の覚えもよろしく、金一封の栄誉に属したのでございます。
 しかし、このピックル氏が申しますには、何でも配下の者が某国にて買い付けしたモノがあり、それを国内へ搬入する方法がなく、困っているとのことでございます。そして、その作業を仲介しようとした者との打ち合わせを行ったとの情報がございまして、本人にただしますと「あぁ」とか、「うぅ」としか答えません。広報ではピックル氏を食糧庁に拉致して兵糧攻めを行い真実を明らかにしようとしております。どうもエェジェエントとの接触を御教祖様に察知されかけて、何とか逃げきったということのようでございまして、更なる厳重な調査を行っております。
 あぁっ、アイスクリイムでございます。食糧庁、兵糧責め局、冷凍庫前にて頒布が行われるそうでございます。急ぎ集合のこと。
              広報庁担当官カエル
 ★★ 224ガアマ大僧正ご出張事件
Date: 2015-03-09 (Mon)
 このところ、ガアマ大僧正が御出張で、本部の近隣を何度も廻っております。通常の勧誘では無く、対象となるものが決まっているそうなのですが、秘密のベールに包まれております。しかし、広報部の必死の努力で、出張先の映像がわずかに1枚、報告されました。なお、映像には無かったのでございますが、報告員から、何でもカエル君達を襲撃対象とするトリどもが、ヒッチコックよりも密集していたとの恐るべき報告が入っております。このような場所に勧誘を敢行する大僧正に感嘆の声を上げるものもあれば、無謀であると非難をするものもおります。
 また、御教祖様のお側で、またチャリ大僧正が何やらささやいているとか、ドウジ大僧正の様子が少し変で、何かを隠しているなどとささやかれております。教団本部に何らかの動きがある事は間違いございません。広報部は全力で調査をしております。
 さて、最近、オカキが無いのでは無いかと言われております。確かに、何処にも見あたらないようでございます。しかし、チヨコレイトが総務省某所にあることを広報では掴んでおります。それ、一番の者が手に入れるのじゃ。どけどけ、ワシのもんじゃい。
              広報庁担当官カエル
 ★★ 223本部の奇蹟事件
Date: 2015-02-24 (Tue)
 とおちゃんお付きのカエル君は、いつもとおちゃんにくっついて出稼ぎへと行っております。時々カエル君のお兄上が御教祖様のお供をする事がございますが、タマのことでございますので、たいていは帰りを待つのはお兄上でございます。今日も、帰ってきたカエル君は疲れて兄ちゃんに抱きつきました。そのときでございます。いつもは、そのまま倒れ込むのですが、二人は立ったままバランスを微妙に取っております。御教祖様の御威光も御座いまして、不思議なことが次々と起こるのが教団本部でございます。このバランスはいつまで続くのでございましょうか。
 さて、カエル君と申し上げましたが、まだ名前がありません。御教祖様からの御言葉を待っているようでございますが、実は、兄弟がたくさんおりまして、いきなり101匹わんちゃんの全員に名前をといわれても困るものでしょう。お付きのカエル君と言えば彼だけですが、実は彼の兄ちゃんも、お付きをしていたことがございます。まあ、その話は長くなりますので。
 あっ、アイスクリイムでございます。しっしまった。カエル君の話をしなければならないことに気を取られて、とおちゃんの所へアイスクリイムが納入されたことを見逃しました。今からでも遅くはございません。総力戦をやればなんとかなります。さあ、みんなでとおちゃんのアイスクリイムをゲットだぁ。
              広報庁担当官カエル
 ★★ 222ケロル氏風呂に入る事件
Date: 2015-01-02 (Fri)
 ケロル君は年末から風呂入りを矢の催促で望んでおりました。元旦に入れてやろうという、御教祖様の、ありがたあい御言葉を戴いておりましたが、元旦当日は、教団の祭日でもございまして、そんな暇なんかございません。不満を囲ったケロル君は、今や家出をしようとしたのでございますが、チャリ君から、新しい○○の場所が出来たぞと耳打ちされて、そこに行ってみました。そこは、とおちゃんのベッド、昨年の11月に教団の木工細工軍団が新しく作ったものでございますが、そこに再び木工細工の匠が長年の技を生かして元旦にもかかわらず追加した、不思議な空間でございます。そこに座り込んだケロル君は、その場の霊気にあてられて、何と三劫の修行を一瞬で修め、神々しくも金色の光を放ったのでございます。上におわすは、コーニャン様のご一行でございまして、ケロル君は危うく宗旨替えをしてしまうところでございましたが、そこへとおちゃんがやって来て、ケロル君に明日、お風呂に入れて貰えと囁いたところ、元の、1年の間、風呂に入っていない姿に戻り、それから一日中、風呂風呂風呂とつぶやいておりました。
 それを聞きつけたのが、ピックル君です。ピックル君はケロル君と一緒に風呂にあやかることが多い奇特なカエルでございます。自分も入れて貰おうと、ケロル君に付き添っておりました。
 めでたくも2日に風呂にあやかったケロル君は、もっとよく乾けと申し渡されて、3日の朝まで歓迎会場に留置されておりましたが、不満の顔は全くなく、御教祖様に付き従って1日を過ごしたのでございます。ケロル君に幸いあれ。

 教団では、この不思議空間が話題となり、居場所を求める騒動が頻発しておりますが、先に申し上げたようにコーニャン様のご一行がトップを取り、続いてギル爺様が、よっこらしょと座った姿を、どかす者はさすがに居りません。あと2つの場所が空いているとのことでございますが、場所争いが常とは言え、暴力をもって事の解決に当たるものはございません。後は、コネとツテの綱引きということになりましょうか。緊迫した雰囲気が教団本部を新年から包んでおります。

 情報によれば、このベッドの近くで、何らかの本部拡張工事があるとのウワサが飛び交っております。いつものように事の出所は、不明でございます。広報部は全力を持って調査をしておりますが、チャリ君のおとぼけ顔にはいつも騙されております。今回は、食糧庁に監禁して取り調べておりますので、何れ、正確な状況のご報告ができるものと思われます。

 さて、そんなことより、年末から食糧庁前で持っていき放題であったオカキが、だんだんと減ってきていると言われております。本官も確認しておりますが、食糧庁によれば、心配ないとのことでございます。本日はアイスクリイムの特配でございますので、忘れずに並べとのことで御座います。
              広報庁担当官カエル
 ★★ 218御教祖様専用印刷装置台事件
Date: 2014-04-12 (Sat)
 本日は教団本部にてとおちゃんが何かを叫びながら、本部職員を働かせておりました。多くのものは、すぐ終わるだろう、何せ、とおちゃんだし、と思っていたのでございますが、これがトンでもございません。トトンもびっくりでございます。何と、ほぼ一日仕事に相成ったのでございます。先ずは御教祖様御愛用の高速移動装置の何やらを交換するのじゃ、ということで始まりましたが、それが済むと、高速移動装置の格納場所も春向けにするということになり、掃除と共に物品の大規模な移動が行われました。これがまた大変な作業でございまして、何と昼食を挟んでの労働となってしまいました。それが終われば済むだろうと期待していた職員たちは、おやつの時間になって、またまた裏切られることになったのでございます。折角、掃除をしたのに、そこで電ノコを振り回すとおちゃんが発見されました。そして、それが済むとカンナとヤスリで、また細かいゴミを散らすという悪行を働き、これで終わりかと思えば、塗料を塗りだして、そこら中に点々と飛ばしております。本部事務職員が抗議に向かうと、チャリ大僧正に蹴散らされるという出来事があったようでございます。チャリ大僧正は、上意と書かれた書き付けを持っていて、逆らうことが出来なかったというように聞き及んでおります。
 さて、結局とおちゃんが作ったものは何だったのかと言いますと、御教祖様が下々に電脳力をお持ちであることをお示しになられ、皆々の範たるスキルをお持ちであらされることをお望みになられて、配下の者に手配させた高速印刷装置に使われる移動用台でございます。御教祖様より、よさげなものをとの御要望でございました。この為、とおちゃんの気合いの入れ方が違っていたとケロ丸天文台長も証言しております。
 広報を仰せ付かったトリも実見したのでございますが、薄い緑のかかった白の色合いもおとなしく、印刷装置の色合いと不調和になる事はございません。また、触ってもトゲが刺さるようなことも無く、巷のうわさでは、とおちゃんにしてはまともに作ったのでは無いかと評価されております。
 あっ、本日は特別オヤツが登場しております。お団子でございます。残数3でございます。急がないといけません。ではこれで広報を終わります。
                  広報庁担当官トリ
 ★★ 217久しぶり到着事件
Date: 2014-03-26 (Wed)
 広報に配属され一度仕事があったきりで、大変につまらない思いをしているトリでございます。やっと仕事にありつけて、今日の晩御飯がいただけますので、どうか皆様、よろしくお願い致します。
 さて、先ずはTシャツでございます。並べと命令されておりますが、我々トリは、地上では並ぶのが得意ではございません。あしからず。次にお披露目となったのはカロナンでございます。片方は、トリのガラでございましてこちらも滅多にございません。しかし、もう片方の赤いものは、これこそレアものでございます。なんとカロナンではございますが合成樹脂製でございます。フタの開き方も独特でございまして、御教祖様の御身元にはせ参ずることがかなったのはチョロ君やチャロ君達の奮闘の結果であるとされております。本当はどうかに付きましては、トリはあずかり知らぬ事で御座います。
 続きまして帽子でございます。キャップとハットでございますが、キャップの方はイヌ君の絵が刺繍で入っております。また、ハットの方はなんとハンティングワアルドのものでございまして、とおちゃんの出た腹によく似合うとうわさされております。
 次に登場したのがカエルとペンギンの仲むつまじい姿でございまして、○○様とそのお母上を模しているのだと聞き及んでおります。伏せ字に付きましては、そうせよとのことでございますので、トリの口からは何とも申し上げられませんが、何でもやんごとない方のことであろうと言うことで我慢をしていただきたいと存じます。最後が、カエル君の付いたキイ・チェインでございます。実戦配備されるはずでございましたが、もしカエル様だけが、何処かに落ちてしまったらイヤであると言うことで、実戦配備から外されたそうでございます。
 あっアイスクリイムでございます。最近、食糧庁の奥深くにしかないのではないかとうわさだけが一人歩きしておりましたが、やはり食料庫に隠されていたようでございます。とおちゃんが独り占めをする前にかすめ取るのが国民の務めでございます。急ぎ、食糧庁の管轄である保管庫への集合せよとのことでございます。
                  広報庁担当官トリ
 ★★ 216大量到着事件
Date: 2014-02-27 (Thu)
 お初にお目にかかります。昨日より広報に配属され迷惑至極なトリでございます。
 さて、御教祖様に置かれましては誠に麗しくあらせられ、特に本日はチョロ君チャロ君手配の者どもが到着致しまして、exceptionallyお喜びにあらせられ奉りてそうろう。
 先ずは先陣を切ってカロナン、カロナンでもレア者でございます丸い一品の登場でございます。フタには壱ペニイ銅貨が貼り付けられております。本官が目をこらして見ますと1964となっておりました。
 次は、世界で最も稼ぐイヌでございます。よく、いろいろな扮装をすることでも有名だということでございますが、今回は、医者でございます。帽子の略号はUniversity of Southern Californiaであると見られております。助手を務めるウッドストックも注射器を掲げているようでございます。
 続いて、帽子とマフラアでございます。能も高いのでありますが、御教祖様のお気に入りの色でもあります。密かにとおちゃんが狙っているといううわさもございます。
 次も帽子なのでございますが、印章が何とクマでございます。クマというとハチミツのツボを持った黄色いクマが有名だそうでございますが、こちらは、某国立公園内に居住し、管理官と虚々実々の駆け引きをするという賢いクマでございます。その昔、隣邦でテレビ放送されていたようでございます。
 さて、本日のトリでございます。イヌ君で背中と右胸に刺繍でキャンプ中でございます。飛び入りで左胸にはライナス氏の刺繍ワッペンが付いております。ライナス氏は毛布がお気に入りでございまして、同好の士が隣邦では沢山いるとのことでございます。
 斯様に、ご到着の方々の御様子を報告させていただきました。堪能なさった国民の皆さんは、口直しとしてオカキ、またはアイスクリイムというご褒美が出るとのことでございます。いつもの場所にてお待ち下さるようにお願い申し上げます。
                  広報庁担当官トリ
 ★★ 215久しぶりの到着事件
Date: 2014-02-10 (Mon)
 御教祖様、御外遊の折でございますが、この度、到着したのは御教祖様のご愛好なさる柄でございますところのカァディガアンでございます。ただ、御教祖様に御報告のあったくすんだ色では無く、かなり鮮やかな水色地に白の柄でございます。この点は、12次元ハイパァスペクトル通信で御教祖様へ報告が走っております。この報告には、写真係の一番のペエペエでございますところの若造が担当した影像が添付されてございますが、後で海外出張から戻ったとおちゃんが見たところ、これで良しとのことでございました。一番のペエペエ卒業でございます。写真班は再編成されるとのことでございます。
 到着致しましたのは、この者だけで無くイヌとトリの絵の入った飾りモニュメントと、きわめて小さなイヌのぬいぐるみでございます。ぬいぐるみの方は、本人の申し出から、スパイク君と名称が判明しております。
 あっ、オヤツが出現いたしました。このところオヤツは在庫を切らせているとのことで、国内はオヤツ飢饉となっております。しかし、食料省の奥地にはアイスクリイムがあるといううわさがございまして、探検におもむく者が多数おりました。なかなか帰ってこないので、遭難したか、あるいは食べきるまでに時間がかかっているかと考えられますが、この度、アイスクリイムを持って帰還した者があり、英雄として祭られようとしております。アイスクリイムだぞぉ。

                  広報庁担当官カエル
 ★★ 214幸せは二人一緒事件
Date: 2014-01-08 (Wed)
 御教祖様におかれましては本日も麗しく御尊顔を拝する光栄に浴した果報者がございました。カエルでは無くワニの仲間ではございますが、御教祖様の御慈愛の深き故に、教団本部と異国の勧誘所にて修行を積んでいたものでございます。その名はトトンとしか伝えられておりませんが、巷で見かけられる、どう猛なワニとは思えない愛嬌のある顔立ちをしていまして、古株でございます。もう一人はトトンと共に入信いたしましたチョコント君と呼ばれておりますようでございます。当初はトトンの一方的な思いが強かったと聞き及んでおりますが、侍従として仕えたり、何かに付け土産と共に勧誘所を訪れる姿に感じ入っての仲となったようでございまして、御教祖様にもその気持ちが通じたものとうわさされております。この度、トトンに異国での勧誘が認められて、一緒に活動をする事になりました。ただし、期間限定でございまして、成果の無い場合は、即刻、市中引き回しの上で、再び離ればなれにされるとのことでございます。
 ところで、その姿をチラと見ながら、足早に寝所に戻ったチャリ大僧正が、「予算が」とつぶやいたと報告されております。どうやら、また、とおちゃんが、何らかの出費を強要したようでございます。情報筋に寄りますと、教団本部の写真班に使うものと言い張って伝票を回したとのことでございます。その為か、総省では稲光のような輝きがしばしば見られるようになっているのでございます。こちらは、御教祖様の霊力による現象であると申すものもあり、定かではございません。
 さて、例の如くオヤツタイムでございます。キタカロというところのナントカというものが当たるそうでございますので、忘れずに食糧庁特別配布扉まで集合のこと。数は限られているそうでございます。
                  広報庁担当官イヌ
 ★★ 213花飾付事件
Date: 2013-12-26 (Thu)
 本日は歓迎会場では無く、教団大聖堂に飾り付けられた花束がございますので御報告申し上げます。年に数回ではございますが、花が用意されるときがございます。このような特別な祭日には花を飾ることになっていて、飾り付けは身を清めた信徒が行うことになっております。また、これらの花たちが一斉に開くということもしばしばございまして、御教祖様の偉大なる感応力が具現化することもございます。
 さて、御報告が遅れましたが、先日、歓迎会場でワニが大歓迎を受けておりました。勢力は弱いとはいえ、トトンなどのワニ族も教団内部では一応の座席を有しております。なかなか強そうな面構えでございますので、すぐ座席を獲得できるかも知れません。しかし、この世の中、何が起こるか判りません。先だってのカロナン御難事件は、未だに某国の策謀とうわさされております。チョロ氏が勇躍手はずを整えた3人のカロナン氏でございますが、何と米国を出国する直前に何者かに襲われ、大怪我をしてしまうということがございました。この怪我で、出国はままならない状態であり、チョロ氏を補佐するために緊急に派遣されたチャロ氏に寄れば、出国は絶望との報告でございます。御教祖祖様もこの件に関しては、お気持ちがすぐれないのでございましょう。いつもでございますれば御指示があるはずなので、ケロル大僧正が控えておるのですが、ご沙汰を今もも待っております。この姿をみてチャリ大僧正もさすがに言葉を失い、いつもの「要求するっ」が本日は出ておりません。
 あっ、伊達巻きでございます。この季節の風物詩となっております伊達巻きが配布されるとのことでございます。既に総省を基礎から揺らしながらとおちゃんが走っております。食料省前にて集合との御指示がありました。以上で広報を終わります。

                  広報庁担当官カエル
 ★★ 212青いコリンズ事件
Date: 2013-11-29 (Fri)
 歓迎会場に現れましたのは、暖色系の色が一つも無い、青から緑の宝石の輝く金の成る樹を表現したバッグでございます。このデザインは、きわめて珍しく、また、欠落が1つも無いビンテエジな一品でございます。この他にピイナッツ一族の配置された毛布もございますが、こちらは何か恥ずかしいということで、出番を待っております。しばらくすれば慣れて花道を歩くであろうと考えられます。
 ところで、天文台に何か動きがございます。関係者は口をつぐんでおりますが、このようなときは必ず何かあるのだそうでございます。調査を続行する予定でございます。判明次第、皆様にお知らせすることになっております。あっ、アイスクリイムでございます。本官の鼻をかすめるようにして運ばれていきます。皆の衆、総省入口に速やかにはせ参じて下さい。アイスクリイムの配布でございます。

                  広報庁担当官イヌ
 ★★ 211記念日事件
Date: 2013-11-27 (Wed)
 今年も何かの記念日ということでございまして、きわめておいしそうに見えますところのケエキが登場しております。わたくし、御教祖様の元でお毒味を仰せ付かっておりまして、一目見ればそのおいしさは判るのでございます。大きさはやや小さめに見えるのでございますが、お味はピカイチ、ボリュウム満点の内容に間違いございません。これを御教祖様の元へお運びいたしますときの、御教祖様の御喜び様はことさら大きなものでございますことに間違いございません。では、わたくしはこれにて。

 替わりまして広報のイヌでございます。わたくしは、上に乗ったプレートの毒味を致せということで、ペロッとなめましたところ、わたくしの身はとろけてしまいました。国民の皆様にこのことを充分にお伝えできない我が身を恥ずかしく思っているのでございます。そこで、職権を発動いたしまして、国民の皆様にアイスクリイムを配布することに決めたのでございます。総省入口にて配布いたしますので、速やかに集合離散のこと。
                  広報庁担当官イヌ
 ★★ 210人生いろいろ事件
Date: 2013-11-09 (Sat)
 カロナンが到着いたしました。ここで歓迎会場にて、大歓迎を受けるのが新人の通過儀礼でございます。しかし、あまりのやつれように、即刻、ICU送りとなり、加療が試みられました。教団の医院での治療は丸一日かかりましたが、総省化粧直し班が次に招集され、先ほど出所いたしました。御教祖様に置かれましては、殊の外、御気にかけられておられましたが、仕上がり具合について、お気に召された御様子でございました。
 さて、製作者たるカロナン氏から、本邦に至るまでに、どんな苦難がございましたのか。人生いろいろでございます。そして、到着を待ちわびていましたのが、双子の片割れでございます。涙のご対面でございます。胴に描かれたチウリップは同一でございますが、蓋のチウリップの色が反対になっていまして、それで区別が付いたのでございますが、蓋の止め金具が追加されて、面相が少々変わり、一目で区別が付くようになりました。一卵性とも言われていた双子でございますが、これはこれで良いことでございます。
 このところアイスクリイムが出ないので、不審に思った国民が、食料省の前に集まっております。我が国の国民は、不満を表すために車で突っ込んだり、爆弾を仕掛けるようなことは必要ございません。御教祖様からはお見通しなのでございます。ただ、今回はカロナンの事件で、化粧治し班の働きが、心許なげな様子があったことがあり、御指示に多少の遅れが出たのでございます。さあ、皆さん、食料省の前に出向いている方々も含め、総省前までお集まりください。ただ今から配布を始めるとのことでございます。
                  広報庁担当官トリ翻訳イヌ
 ★★ 209お待ちかねでした事件
Date: 2013-10-30 (Wed)
 歓迎会場に二晩に渡って逗留した新人君がおります。なにゆえか歓迎会場に放置されていたというのが真相であることを御報告しておきます。責任の所在を追求しておりますが、今のところ、某省の既得権益でございますところの写真班を維持したいとのことから、自由化に強硬に反対する者がいたため、写真班のストライキがあったようだとされております。何でもインタアネットで写真を販売することは服用者に被害が出るかも知れないとの理屈を付けております。どうも隣国のニュウズに触発されたようでございます。そういえば、何か再び、とおちゃんがレンズと呟きながら歩いている姿が目撃されております。この事との関連があるかどうかは調査中でございます。
 さて、新人君はそんなことには全くこだわらず、元気いっぱいでございまして、近年まれに見る明るさでございます。御教祖様におかれましては、報償の品を授け、更に居場所も特別に用意せよとの御指示でございます。直ちに取りはからわれることになっております。
 あっ、アイスクリイムが取り出されたとの報告が入りました。食料省入り口に終結でございます。では現地にて。
                  広報庁担当官カエル
 ★★ 208誰の誕生日だ事件
Date: 2013-10-02 (Wed)
 本日は誕生日祝いというものが教団の窓口に届けられました。本官は良く理解できないのでございますが、御教祖様のご生誕にあらされた日は、今日では無いと存じております。しかしながら、なにやらめでたい日とのことでございまして、贈り物が届けられたいきさつについては、全く計り知れないものがございます。総省では、一時、危険物として、爆破処理班を派遣したことは秘密ではございません。担当はソースケ氏であります。いつもであれば即刻処理されてしまうのでございますが、今回は爆発物の反応が無いとのことで、下手に処理すると御教祖様と共にカナメちゃん(本官には誰だか判りません)に叱られるので失礼すると言い残して去ったのでございます。
 さて、総省では帰宅の遅れたとおちゃんが、到着した荷物が誕生日祝いだと言うことを聞き及んで、何やら嬉しそうに包みを無防備にも開けて中身を取り出すと、大層ガッカリした様子でそのまま写真撮影班に手渡しし、奥の院に消えてゆきました。どうしてガッカリしたのかは不明でございます。
 本日は解明できないことが沢山ございまして、大変に困っておりますが、本官は事実だけをお伝えするものでございます。とにかく到着しました物品は、先ず花柄のバッグでございます。やや大きめでございまして、格納用のポケットが2つ付いております。イタリイという国の産出物のようでございまして、間違いなく御教祖様のお好みにあらされます一品にてございます。次にイヌとトリの絵柄の付いたスエットでございます。こちらも間違いなく御教祖様のお好みにあらされます。
 アッ、そんな事より、ただ今、警報装置が発報し冷凍庫の入口が開いたことを知らせております。国民の皆様は、総省玄関にてアイスクリイムの配布がありますので集合でございます。以上で本日の報告を終わります。
                  広報庁担当官カエル