C望遠鏡の構造

 鏡筒と架台

 光学的な部分として、ガリレイの望遠鏡でも、ニュートンやハーシェルの方式でも、要は対物鏡又はレンズによって光を集め、それを接眼レンズで見るという基本的な構造を持っています。最低限の構造としてレンズ2枚が必要になります。そして、見えるものが上下左右反転しているものは地上用としては使いにくいので、それを反転させる部分が追加されます。
 接眼レンズは必要な倍率を得るために交換して使うものですが、対物鏡を交換することはありません。

 手持ちで使う場合は、軽く小さくまとめることになりますが、重かったり、大きいものは手持ちでは使えません。また、倍率が高いと手ぶれで満足に使えない事になります。この場合は、支持装置を必要とします。地上用は、上下水平方向に動かす装置が適当ですが、天体用の場合は、日周運動に対応した装置が求められることになります。
 これらの必要に応じて、光学系を格納する鏡筒部分と、それを支える架台部分が、望遠鏡を構成する構造ということになります。