A望遠鏡とは何か

 望遠鏡とは肉眼のみで観察するよりも細かく、あるいは明るくするために、鏡やレンズを組み合わせた光学製品の総称です。これにカメラを取り付けると、強力な望遠レンズとなります。この方法を発展させると、可視光だけでなく赤外線や紫外線といった可視光近傍領域も観望観測対象となります。また、更に長い波長の電波領域を扱うものもありますが、こちらは完全に目で見るものでは無くなってしまいます。電波で見るということから慣習的にこれを電波望遠鏡と呼びますが、その実態はアンテナです。望遠鏡とは目で見ることの出来る遠方の拡大装置と考えるのが一般的な言葉の意味ですから、「とおめがね」という名称のとおり、単に望遠鏡といえば光を扱うものです。
 望遠鏡は1608年、オランダの眼鏡職人ハンス・リッペルスハイによって発明されたと説明されることが多いのですが、異説があります。リッペルスハイは当時の国会に特許を申請していますが、当時の国会は調査した結果、これを認めていません。ただし、リッペルスハイに望遠鏡を作らせて納入されている事は確かです。レンズ自体は古くから知られていたものであり、拡大効果も知られていました。そのレンズを組み合わせることで更に拡大像を得るという単純な技術でも、眼鏡職人の間に存在していた徒弟・競争・対立関係が絡んでいて、当時でも調査が困難であったようです。この時代の記録は、下手なことを書くと神の恩寵を受けないものとして扱われ、社会的地位の失墜や命の危機すらもありましたから、実に遠回しに書かれています。解釈次第では発明者ではないかという記録が多数あることは確かです。

 こうして世に知られ始めた望遠鏡は、2枚のレンズを使うという単純なものであるにも関わらず、当時としてはかなり困難な製造上の技術的問題や光学理論の欠如から、きわめて高価であり性能も劣るものでした。そして、それらの問題は技術的進歩によって少しずつ解決され、現在に至っています。