SgwdSA-b1-26 ホロスコープ・タブ メニュー/機能 2012-08-25

タブ メニュー/機能

メニュー/機能


1 天体配列
    
 天体配列メニューコマンドは天体配列だけでなく、二区分(男、女)、三要素(活動、不動、柔軟)、四素子(火、地、風、水)についての配置バランスを知ることが出来ます。
この中の数メニューは、設定値と天体配列のデフォルト10感受点についてとを切り替えます。N、P、Tはそれぞれ出生、進行、経過に対応し、それぞれを表示します。
 配列の方向は、チャートの線色から星座宮色に向けて並びます。PageUp PageDownキーで画面サイズを変更します。


2 天文暦
    
 設定された当初日時と間隔で、感受点位置を表形式で表示します。一時に6感受点まで表示できます。


3 感受点移動図
    
 メニューにおいて初期日時と間隔が指定できます。ホロスコープ状に表示します。


4 Arab.part
    
 アラビック・パートを表形式で、感受点との座相と共に表示します。


5 Half Sum
    
 ハーフ・サム(Mid Point)の軸と感受点を度数順に表にします。

6 Map
    
 ジム・ルイスによるアストロ・マップを表示します。


7 恒星
    
 恒星の位置を度数順に表示し、感受点との座相も出します。


8 古典メソッド
    
 古典(主に中世程度)的な方法論による分析法


9 出没時刻
    
 各感受点の出没時刻を表形式で出します。

10 太陽・月時刻計算
    
 各感受点の太陽時刻・月時刻を計算します。