SgwdSA-b1-01 ホロスコープ・タブ 2012-08-25

ホロスコープ・タブ


 概観

 Stargazerの中で、その中核とも言える「ホロスコープ3重円NPT」通称「3重円」は、Stargazerの中でも最も多機能、且つ充実したコマンド群と共に、使い慣れてしまったら決して手放せない占星術ツールとなっていました。しかし、極めて多機能であるために、その操作方法は、複雑であり、相互に相反するものも含んでいます。この為、チャーツや1重円というような派生プログラムが作られていました。今回、これらの複雑な操作方法の問題を解消することは、困難であると判断し、少なくとも占星術の研究・鑑定の為に使いやすくすると言う方向で模索した結果、ブラウザがタブ化したたように、3重円をタブ化する発想に至りました。チャーツで行えた、データの記録も容易となり、窓を切り替えたり多窓化することも容易となっています。
 まずは、プログラムメニューから「ホロスコープ3重円タブ」をクリックするか、直接ホロスコープ3重円タブ(SA32horo3t.exe)を呼び出して下さい。

Sa32horo3t.exe

 使い始めは、何も設定されていませんので、上記のような状態です。
 Windowsの窓の1つとして動作しますので、最大化、最小化は勿論、窓の縁でマウスカーソルが形を変えてサイズ変更可能である事が判ります。使いやすい、見やすい大きさにします。(設定可能です)

 一般的には、1.出生データの選択 2.経過地の選択 が先ず必要でしょう。