sdwd's Ast. 座相

座相の種類

 感受点と感受点との関係を角度で表しているのがアスペクト(aspect)です。2つ以上の感受点が、その位置によってそれぞれの意味合いを強調されたり変化することを、アスペクトを作ると表現します。ホロスコープの中の感受点は、それぞれ大なり小なり他の感受点の影響を受けていますが、それを角度という物差しで計るわけです。普通、アスペクトは感受点の黄経差から考えます。
 重要なのは第1種座相で、これをメジャー・アスペクトと呼びます。それ以外のアスペクトはマイナー・アスペクトと呼びますが、マイナー・アスペクトの影響力が弱いと思っていると間違いです。正確な角度を作ったときのマイナー・アスペクトは、正確な角度から離れたメジャー・アスペクトよりも強力ですから、馬鹿にできません。
 黄経差以外の赤経及びハウス座標系の方法に付いては、立体幾何学を少しかじった上で考えて下さい。

第1種座相(メジャー・アスペクト)

0度  60度  90度  120度  180度


第2種座相(マイナー・アスペクト)

30度  36度  45度  150度


第3種座相(マイナー・アスペクト)

51.43度  72度 135度  144度


パラレル    カウンター・パラレル

 第1種座相(メジャー・アスペクト)
  0゜ 合  強調
 60゜ 六今 調和、チャンス イージィ(YOD注意)
 90゜ 矩  障害、困難   ディフィカルト
120゜ 三分 成功、安定   イージィ
180゜ 衝  緊張、切迫   ディフィカルト

 第2種座相(マイナー・アスペクト)
 30゜    調和      イージィ
 36゜    補助      イージィ
 45゜    困難      ディフィカルト
150゜    圧迫      ディフィカルト

 第3種座相(マイナー・アスペクト) 、
51.43゜  宿命
 72゜    援助      イージィ
135゜    困難      ディフィカルト
144゜    調和      イージィ

座相の効果

 アスペクトの種類によって影響、効果が違うことは確かです。アスペクトには吉座相、凶座相という分類がありますが、単純に吉凶を決定するのではなく、もたらす影響をよく考慮する必要があります。例えば、グランド・トラインと呼ばれる3つの感受点がそれぞれ120度を作るアスペクトがあります。普通は大吉と考えられていますが、時と場合によっては、その影響力で感受点の働きが固定されてしまいます。幸運の波に乗っているのなら良いのですが、不運の波に乗っていたら、それを変えることができないという意味になってきます。そこで、吉凶という言葉ではなく相互関係が好ましいアスペクトをイージィ(easy)、好ましくないものをディフィカルト(difficult)と呼び、特にディフィカルトをアフリクト(afflict、傷ついた状態)とも表現します。イージイは安易に流れ易い点があり、ディフィカルトは努力を必要としています。
 最も強力なアスペクトは合です。2つの感受点の意味を密接に連結し強調します。吉星同士の合は非常に良い(つまりイージィな)影響をもたらしますし、凶星同士の合は悪い(つまりディフィカルトな)判断が出来ます。吉星と凶星の合は感受点の吉凶の意味の混ざった影響を与えます。従って合は組み合わさる感受点によってイージィな効果とディフィカルトな効果が変わってくるのです。
 アフリクトの代表は衝(180度)ですが、衝を単にアフリクトと考えるだけではいけません。衝となっているからには、ホロスコープ上で反対のハウスにいることが多いでしょう。12分割のハウスの配置は、反対側のものが相互に補完しあう構造になっています。そこで衝には緊張や切迫した状況だけではなく、対立関係とそれに関係した相互の補完関係もあると考えます。
 正確な角度を作っているアスペクトの強さの序列は合(0度)、衝(180度)、三分(120度)、矩(90度)、六今(60度)とされています。これに続いて第2種座相以下のマイナーアスペクトが続きます。

 アスペクトの効果は双方向的です。土星と金星にアスペクトがあれば、土星は金星にアスペクトの種類によって制御を受け、金星は土星に同じくアスペクトの種類によって制御を受けると考えます。アスペクトの相手が象徴星(上昇サインの支配星)や太陽、太陽のサインの支配星等の重要な感受点の場合は、ホロスコープの中で特に意味が強くなります。
 どの様なアスペクトでもそのアスペクトだけの単独で判断することは決してありません。必ずホロスコープの他の部分を考えに入れて判断します。ホロスコープ上で、1つのアスペクトしかないということは稀です。たいてい複数のアスペクトがある筈です。この様な場合、アスペクトの間での意味の調整が行われます。それらの複合的なアスペクトで、調停のアスペクトとなったり、或いはグランド・クロス等の特殊なアスペクトとなったりすることがあります。

  接近と離反
 感受点の移動にともなって、正確な度数に近づいているのか(接近、apply)、遠ざかって行くのか(離反、separate)の問題ですが、その影響がどう出るかという点は諸説があります。一般に離反の方が強力と考えられていますが、後述のホラリーでは離反のアスペクトは取り上げません。

  デクスターとシニスター
 感受点の移動の速さはそれぞれ違いますから、2つの感受点の内、速い方が遅い方に追いついて合(0度)を作った後で形成するアスペクトをデクスター(dexter)、衝(180度)の後で形成するアスペクトをシニスター(sinister)と呼びます。シニスターよりもデクスターの方が強力な影響をもたらすとされています。デクスターが外向的、シニスターが内向的な働きをするという考え方もあります。

座相の許容度

 感受点間の角度がアスペクトとなるかどうか、どれほどの強さになるかという点を許容度(オーブ)で表します。判断の際には複数のアスペクトがあることが普通です。それらの優先順位を明らかにするために、感受点間の角度が「あるアスペクトの正確な度数」からどれだけ離れているのかをみます。アスペクトの強弱(タイト、ワイド)という二つのかたちに分けてしまうことが普通です。ワイドの1種座相よりタイトの2種座相の方が強い影響を持つことがあります。
 アスペクトの効果が正確な度数からどれだけ離れていてもあるのか、つまり許容度をどの程度とるのかという問題は、最終的には自分で決定しなければならないことの1つです。目安として出生図では、第1種6〜8度(ワイド)、特に強力に作用する(タイト)のが1〜3度位まで、第2種以降はワイドで3度程度、強力に作用するタイトが1度程度とみて下さい。感受点やアスペクト、位置、接近分離等で細かく許容度を決める方もいらっしゃいますが、それほど気を使う必要はないでしょう。